日本光学会
日本光学会
お問い合わせ 英語サイト サイトマップ
サイト内検索 powered by Google
会員へのお知らせ
入会のご案内
日本光学会について
シンポジウム
会誌「光学」
英文誌「OPTICAL REVIEW」
光学会News
研究グループ
リンク集

 

光学論文賞規定

昭和34年6月
昭和54年9月 改訂
平成 4年3月 改訂
平成 7年3月 改訂
平成12年3月 改訂
平成20年5月 改訂

  1. この規定は光学に関する優秀論文の著作者に対して応用物理学会が行う表彰について定める。
  2. この表彰を「光学論文賞」という。
  3. 表彰の対象は表彰時の前年8月末日までの1年間に発行された学術刊行物に発表された光学に関する原著論文の第1著者とする。
  4. 受賞候補者は日本光学会会員あるいは応用物理学会会員で、原則として表彰の年に満40歳未満の者とする。
  5. 受賞者は公募に応じた自薦および他薦の候補者から選考する。
  6. すでに公に顕著な賞を受けた論文の著作者へは、同じ論文の著作に関しては原則として表彰しない。
  7. 表彰は毎年2件以内とする。
  8. 表彰は賞状授与および記念品贈呈とする。
  9. 表彰は毎年応用物理学会春季講演会中に行う。
  10. 日本光学会常任幹事会は毎年8月までに受賞候補者募集要項を「光学」および「応用物理」誌上に公表し広く募集する。
  11. 受賞者の選考は日本光学会幹事長が委嘱した光学論文賞選考委員会が行う。
  12. 受賞者が決定したときは日本光学会幹事長は選考の経過および結果を応用物理学会理事会および日本光学会幹事会に報告する。
  13. この賞の実施に関する必要な事項の審議および決定は日本光学会常任幹事会が行う。
附則 この規定は平成20年5月16日より施行する。