日本光学会
日本光学会
お問い合わせ 英語サイト サイトマップ
サイト内検索 powered by Google
会員へのお知らせ
入会のご案内
日本光学会について
シンポジウム
会誌「光学」
英文誌「OPTICAL REVIEW」
光学会News
研究グループ
リンク集

日本光学会News(「光学」第40巻 第11号)

学会誌「光学」の「日本光学会 News」より転載.

平成24年度幹事選挙投票のお願い

 平成24年度日本光学会幹事の選挙を行いますので,本号同封のはがきで投票されますようお願いいたします.投票締切は平成23年12月12日(月)必着です.
 幹事候補に関しては,日本光学会をご支援いただいている諸団体に推薦依頼をし,そこから推薦のあった候補者を中心に「幹事会からの推薦候補者」を選びました.「日本光学会(応用物理学会)役員選挙その他に関する内規」では「幹事会は定員以内の候補者を推薦するものとする」とありますが,本年度は定員を21名とし,それと同数の推薦候補者を選んでいます.これらの候補者および留任幹事の氏名と所属を下記に示しています.なお,「光学」第40巻第7号で平成24年度幹事の立候補者を募集しましたが,立候補者はありませんでした.
 同封のはがきには「幹事会からの推薦候補者」21名の氏名が印刷されています.幹事会からの推薦者全員を信任される場合にはA欄に○をお付けください.そうでない場合,B欄の推薦候補者のうち,平成24年度幹事として適任と思われる方21名以内の数だけ□にチェック(✔)をお入れください.またはチェック(✔)を付けなかった数以内の適任と思われる方の氏名および所属をC欄にご記入ください.ただし,下記の留任幹事以外の方にしてください.投票は無記名でお願いします.

●幹事会からの推薦候補者
 日本光学会役員選挙その他に関する内規(「光学」第40巻第7号(2011年7号)記載)により,幹事会では下記の21名の方々を平成24年度幹事候補として推薦します.

明田川正人 (長岡技科大)伊藤昌弘 (リコー)今井 洋 (茨城大)
植田憲一 (電通大)内田恒夫 (パナソニック)小川賀代 (日本女子大)
小倉裕介 (阪大)川田善正 (静岡大)菊田久雄 (大阪府大)
木村 伸司 (HOYA)鈴木恵友 (九州工大)鈴木二郎 (三菱電機)
辻健一郎 (防衛大)中嶋芳雄 (富山大)仁田功一 (神戸大)
福島郁俊 (オリンパス)松宮一道 (東北大)安井武史 (徳島大)
山本健詞 (情報通信研究機構)吉川宣一 (埼玉大)渡辺正信 (産総研)

●留任の幹事
 日本光学会規則(「光学」第40巻第7号(2011年7号)記載)により,下記16名は平成24年度は留任になります.
石橋茂雄(NTT)石丸伊知郎(香川大)伊藤雅英(筑波大)
緒方伸夫(シャープ)四方潤一(東北大)白井智宏(産総研)
瀧川雄一(ニコン)辻 俊彦(キヤノン)冨木政宏(静岡大)
似内映之(和歌山大)野口一能(コニカミノルタオプト)野村 博(東芝)
原口雅宣(徳島大)原田康浩(北見工大)横田正幸(島根大)
渡部一雄(東芝)

このページのトップ


第194回幹事会

 2011年9月20日(火)に,応用物理学会会議室(湯島)において開催されました.第1回常任幹事会議事録の確認,「光学」関連報告,「OPTICAL REVIEW」関連報告,第36回光学シンポジウム(2011.7/7-8)結果報告,Optics & Photonics Japan 2011進捗報告,Optics & Photonics Japan 2012進捗報告,平成23年度関西講演会進捗報告,平成23年度名古屋講演会進捗報告,第38回冬期講習会(2012.1/19-20)進捗報告,平成23年度北海道地区学術講演会進捗報告,第7回光応用新産業創出フォーラム(2012.2/24)進捗報告,第37回光学シンポジウム(2012.6/14-15)進捗報告,カラーフォーラムJAPAN進捗報告がなされました.また,協賛依頼,会員動静,収支計算書,日本光学会ホームページ報告,光学奨励賞選考結果報告,光みらい奨励金関連報告,研究グループミーティング開催予定,幹事推薦関係報告,高野榮一光科学基金関係報告,国際協力支援金(欧文誌投稿料)申請,平成24年度予算案について審議および報告がなされました.詳しい幹事会議事録は第40巻11月号に掲載予定です.

このページのトップ


第257回「光学」編集委員会

 2011年9月16日(金)にアルカディア市ヶ谷において開催されました.今回は最初に,第41巻6, 7号の企画決定,第41巻8号への第二次構想企画案からの繰り上げ扱い,第41巻9, 10号の第二次構想案,第41巻11, 12号,および追加企画分の第一次構想案の審議,第42巻1, 4号の号担当の決定が行われました.次に,第41巻4号の「60周年記念小特集」企画について進捗状況の確認がなされました.「60周年記念小特集」企画は編集委員会内に4つの作業部会を設置しており,それぞれ担当者より状況報告がありました.続いて,「書評」進捗状況についての報告,光科学及び光技術調査委員会(関東・関西)の活動状況報告がありました.また,光科学及び光技術調査委員会での原稿確保の問題が議論され,改善に向けて幾つか試行案が出されました.その後,論文投稿・審査状況,各号の進捗状況,会計等の報告がなされました.最後に第42巻4号以降の「日本光学会の研究動向」の在り方について議論を行いました.

このページのトップ


日本光学会 平成23年度 第1回常任幹事会議事録

日 時:2011年7月5日(火) 14時00分〜16時45分
場 所:応用物理学会会議室
参加者:武田幹事長,他14名
1. 第193回幹事会議事録の確認(横田)
 ・第193回幹事会議事録(案)は日付を修正することで承認された.
2. 報告事項
2-1.「光学」関連報告
1. 「光学」編集報告(相津)
 ・5月までの編集が終了し,この時点での予算執行率が約37%であることが報告された.
 ・光学60周年記念に関する準備状況が報告された.
2-2.「OPTICAL REVIEW」関連報告
1. 「OPTICAL REVIEW」編集報告(植田)
 ・インパクトファクター,現状での論文投稿数等が報告された.
 ・J-STAGE新規論文投稿審査システムに関しての説明がなされた.
2. 「OPTICAL REVIEW」出版報告(中楯)
 ・Springerとの契約更新,費用細目等について説明がなされた.
 ・論文ダウンロード数,国外購読数等について報告された.
2-3. 講演会関連報告
1. 第36回光学シンポジウム(2011.7/7-8)進捗報告(宮武)
 ・事前予約で昨年度比で1割減という状況であることが報告された.
2. Optics & Photonics Japan2011(2011.11)進捗報告(谷田)
 ・要項の掲載について報告された.
 ・招待講演,光学論文賞の記念講演の予定について報告された.
3. Optics & Photonics Japan2012進捗報告(伊藤)
 ・会場候補について説明された.
4. 平成23年度電気関係学会北陸支部連合大会進捗報告(宮武)
 ・9月17日(土),18日(日)に福井大学文京キャンパスで開催されることが報告された.
 ・分担金の処理に関して報告された.
5. 第38回冬期講習会進捗報告(小灘)
 ・テーマは「光散乱」を候補とし,講師について人選中であることが報告された.
 ・7月末までに講演内容を決定する予定であることが報告された.
6. 平成24年度四国支部合同講演会進捗報告(宮武)
 ・平成24年度も他学会との合同開催を検討していることが報告された.
2-4. その他報告事項
1. 協賛依頼について(宮武)
 ・5件の申請がすべて承諾されていることが報告された.
2. 会員動静について(宮武)
 ・2名の会員増が報告された.
3. 収支計算書について(野村)
 ・1月から5月末までの集計で,収入,支出共に前年度の2/3程度で推移していることが報告された.
4. 光学会ホームページについて(西原)
 ・アクセスの傾向,ページビュー数,訪問数に関して報告された.
 ・光学会HPの更新に関しては業者に依頼する仕組みを準備していることが報告された.
5. 光学奨励賞 選考結果報告(中楯・石橋)
 ・選考方法や経緯について説明され,2名の候補者と1名の予備候補者が選出されたことが報告された.
6. 光学論文賞 選考委員選出結果報告(伊藤)
 ・選考委員の選出結果について報告され,承認された。
7. 日本光学会引越しについて(宮武)
 ・平成23年度の年間計画において,9月の幹事会からは湯島で行われること,3月の幹事会の日程が9日(金)に変更されることが報告された.
8. 公益社団法人認定について(武田)
 ・応用物理学会の公益社団法人化に伴い日本光学会の正式名称が変更になったことが報告された.
9. 高野光科学基金規定について(武田)
 ・高野光科学基金の規定について説明された.
 ・運用委員会としては応用物理学会,光学会,光設計Gから選出される委員で構成されるという案を応物理事会で審議する予定であることが報告された.
3.審議事項 その他
1. 国際協力支援金(欧文誌投稿料)申請について(中楯)
 ・1件の補助申請が承認された.
2. 海外学会との協定更新の件(武田)
 ・SPIE,OSA,OSKとのMOUについての変更案について説明された.
 ・上記の変更を応用物理学会理事会に提案することが報告された.
3. 幹事推薦に関して(宮武)
 ・幹事推薦についての依頼がなされた.

このページのトップ


第14回 光設計賞報告

 公益社団法人 応用物理学会 分科会 日本光学会 光設計研究グループ企画の「第14回光設計賞」は,審査の結果下記の通り受賞者を決定しましたので報告いたします.
□受賞者
○光設計大賞
・該当者なし
○光設計優秀賞
・「ホログラムを用いたレーザー光のスペックル低減技術」
倉重牧夫 氏、石田一敏 氏、高野倉知枝 氏、大八木康之 氏、渡部壮周 氏(大日本印刷(株))
○光設計奨励賞
・「低コヒーレンス動的光散乱法の高感度化」
中村祟市郎 氏、佐藤悠貴 氏(富士フイルム(株))、石井勝弘 氏(光産業創成大学院大学)
・「深い被写界深度をもつ光・画像処理融合型複眼内視鏡システム」
香川景一郎 氏(静岡大学)、田中映治 氏(パナソニックエレクトロデバイス(株))、
山田憲嗣 氏、谷田純 氏(大阪大学)
□表彰
11月28日-30日に大阪大学にて開催される“Optics & Photonics Japan 2011”にて以下のように授賞式、受賞記念講演を行う予定です.
 ○光設計賞授賞式
 日時:11月30日(水) 13:30-14:10 会場:コンベンションセンター 3F MOホール
 ○光設計賞受賞記念講演
 日時:11月30日(水) 9:00-11:00 会場:コンベンションセンター 3F MOホール
□応募
応募件数は13件でした.
□審査
審査は書類による1次審査(将来性,実用性,独創性に関して採点)の後,9名の審査委員に集まっていただき,1次審査の結果及び各委員のコメントを考慮しつつ話し合いにより受賞者を決定しました.
□問い合わせ先
〒617-8550 京都府長岡京市馬場図所1
三菱電機(株) 先端技術総合研究所
映像入出力技術部 オプトメカニズムグループ
桑田 宗晴
tel:075-958-3034
E-Mail:odp14(@)opticsdesign.gr.jp
URL:http://www.opticsdesign.gr.jp/hikari.html

※日本光学会ホームページ内での、メールアドレス表記について(御注意)

このページのトップ


ドイツ・イノベーション・アワード
「ゴットフリード・ワグネル賞2012」募集

 日本に縁の深いドイツ人科学者,ゴットフリード・ワグネルにちなんで名付けられたこの賞は,日独間の産学連携の促進を目的として技術革新を重視するドイツ企業により創設されました.本賞は,日本の優れた若手研究者の,豊かな未来を創造する革新的な研究成果に与えられます.

応募資格:日本の大学または研究機関に所属する45歳以下の若手研究者(応募締切日時点)
応募対象:(1)環境・エネルギー,健康・医療,安心・安全のいずれかの分野における応用志向型の研究
(2)次の産業分野において,ソリューションを提示する研究:自動車・輸送機器,化学品・素材,エレクトロニクス・フォトニクス,医療機器・診断技術,バイオテクノロジー・医薬品,ものづくり・製造プロセス・機械,エネルギー開発と供給技術(新エネルギ−を含む)
(3)現在進行中の研究,または過去2年以内に完了した研究成果
賞 金:最優秀賞:400万円(1件),優秀賞:200万円(1件),奨励賞:100万円(3件)
副 賞:ドイツの大学または研究機関に最長2カ月間研究滞在するための助成金
審査方法:本賞の共催企業の技術専門家による予備審査の後,常任委員と専門委員からなる選考委員会において受賞者を決定します.
応募方法:電子申請システムで受け付けます.詳細は,ドイツ・イノベーション・アワードのホームページをご覧ください.
http://german-innovation-award.jp/index
応募締切日:2011年12月15日(木)必着
問合せ先:ドイツ・イノベーション・アワード事務局
  〒102-0075 東京都千代田区三番町2-4三番町KSビル5F 在日ドイツ商工会議所内
  TEL:03-5276-8819 FAX:03-5276-8733 E-mail:info(@)german-innovation-award.jp

※日本光学会ホームページ内での、メールアドレス表記について(御注意)

このページのトップ


光設計研究グループ第48回研究会『防災と光技術』

日 時:2011年12月2日(金) 10:20〜17:30
場 所:板橋区立グリーンホール(1Fホール)(東京都板橋区栄町36-1)
主 催:(公社)応用物理学会 分科会 日本光学会 光設計研究グループ
共 催:板橋区
プログラム:
1.「光ファイバセンサによる建設構造物モニタリング」清水建設(株) 岩城 英朗氏
2.「テラヘルツ電磁波を用いたガス検知」日本電信電話(株) 清水 直文氏
3.「光ファイバ電流センサの電力設備への応用」(株)高岳製作所 板倉 英治氏
4.「レーザー宇宙太陽光発電と光学技術」福井大学大学院 金邉 忠氏
5.「衛星搭載センサの災害監視等への活用」日本電気(株) 成松 義人氏
6.「防災用ライダーの開発と産業応用」千葉大学大学院 椎名 達雄氏
7.「日本原子力研究開発機構の原子力災害ロボット(福島第一原子力発電所事故対応の概要)」日本原子力研究開発機構 岡田 尚氏
8.「CCTV画像を活用した施設管理支援システム」NTTアドバンステクノロジ(株)/東北建設協会 昆 太一氏
参加費:光設計研究グループ個人会員 4,000円,光設計研究グループ学生会員 無料
一般 10,000円,板橋区民・企業 7,000円, 学生一般 2,000円
定 員:100名
参加申込:氏名(フリガナ),所属,住所,TEL,FAX,E-mail,参加区分(参加費参照),懇親会(無料)参加の有無を,E-mailまたはFAXまたは郵送にて下記申込先までお送り下さい.
申込先:三菱レイヨン株式会社 中央技術研究所 機能材料研究グループ 入江 菊枝
  〒739-0693 広島県大竹市御幸町20-1
  電話:0827-53-8507  FAX:0827-53-8515
  E-mail:k48reg(@)opticsdesign.gr.jp
問合せ先:日本電気株式会社 システム実装研究所 今井 浩
  〒211-8666 川崎市中原区下沼部1753
  電話:044-435-1821  FAX:044-435-1096
  E-mail:k48(@)opticsdesign.gr.jp URL:http://www.opticsdesign.gr.jp/

※日本光学会ホームページ内での、メールアドレス表記について(御注意)

このページのトップ


超解像国際シンポジウム
International Symposium on Super-Resolution Imaging 2011

日 時:2011年12月12日(月)
場 所:オークラアクトシティ浜松(浜松市中区板屋町111-2)
主 催:JST CREST, レーザ顕微鏡研究会
協 賛:(公社)応用物理学会 分科会 日本光学会
参加費:無料
問合せ先: 静岡大学 川田 善正
  電話:053-478-1069  FAX:053-471-1128
  E-mail:SuperImaging(@)eng.shizuoka.ac.jp
  URL:http://optsci.eng.shizuoka.ac.jp/SuperImaging/

※日本光学会ホームページ内での、メールアドレス表記について(御注意)

このページのトップ


第16回光集積回路欧州会議
(16th European Conference on Integrated Optics:ECIO2012)

日 時:2012年4月18日(水)〜20日(金)
場 所:Hotel Melia Sitges, Barcelona, Spain
主 催:ECIO2012運営委員会
論文締切:2012年2月15日(水)
問合せ先:大阪大学大学院工学研究科電気電子情報工学専攻 栖原敏明
  電話:06-6879-7771 Fax:06-6879-7793
  E-mail:suhara(@)eei.eng.osaka-u.ac.jp
  詳細はホームページ http://www.ecio2012.com をご覧ください.

※日本光学会ホームページ内での、メールアドレス表記について(御注意)

このページのトップ


ODF’12, St. -Petersburg講演募集
(8th International Conference on Optics-photonics Design & Fabrication)

 光設計研究グループは,光学・フォトニクス設計と製造に関する国際学会ODF’12, St. –Petersburgを開催します.科学的・技術的な研究成果についての講演を募集しています.奮ってご応募ください.

日 時:2012年7月2日(月)〜7月5日(木)
場 所:St.-Petersburg (On the Boat "Vissarion Belinsky")
主 催:(公社)応用物理学会 分科会 日本光学会 光設計研究グループ
National Research University of Information Technologies, Mechanics and Optics and Rozhdestvensky Optical Society of Russia
募集内容:下記分野のトピックスに関する新しい研究で未発表のもの.
レンズ/回折光学素子/偏光素子/フォトニック結晶/光導波路/光学薄膜/マルチプレクサ/デマルチプレクサ/光MEMS/レーザ/光増幅器/光ファイバー通信/情報処理光学/光記録/顕微鏡/照明光学系/リソグラフィ/光プリンター/3次元ディスプレイ/光シミュレーションに関する理論,設計,製造,評価,応用など.
応募資格:有りません.どなたでも応募できます.
発表方法:口頭講演もしくはポスター(英語での発表)
講演申し込み方法:
 35ワード以内のアブストラクトと図・表を含めA4サイズ2ページ以内の原稿(何れも英文)を下記Webサイトより申し込み下さい.(締切りに必着)
 URL:http://odf2012.ru/
 詳細はCall for Papers を参照ください.
締 切:2011年12月20日(火)必着
問合せ先:M. Letunovskaya
 St. Petersburg State Univ. of ITMO / Russia
 Address: St. Petersburg State Univ. of ITMO, Kronverksky pr., 49,
  Saint-Petersburg, 197101, Russia
 TEL: +7(812)457 18 87 FAX: +7(812)457 18 87
 E-mail:odf12(@)gmail.com

※日本光学会ホームページ内での、メールアドレス表記について(御注意)

このページのトップ




日本光学会newsの掲載申込み先:

〒761-0396 高松市林町新町 2217-20
香川大学工学部知能機械システム工学科
石丸 伊知郎
Tel:087-864-2325(直通) Fax:087-864-2369
E-mail:ishimaru(@)eng.kagawa-u.ac.jp(※) 

※日本光学会ホームページ内での、メールアドレス表記について(御注意)

なお,掲載申込みは原則として発行日(10日)から2か月前の15日まで,開催日が1〜10日の場合は,開催日の3か月前の15日までにお願いします.

このページのトップ