応用物理学会北海道支部主催または共催の講演会申し込みに関する注意

1. 講演会開催に関して
応用物理学会北海道支部が主催・共催または後援となる講演会の開催を希望する場合は、講演日の2週間前迄に、講演会申し込みフォームからお申し込みください。申し込みフォームをご利用いただけない場合は、講演会の案内を下記アドレスまでメールでお送り下さい。メール送付される『講演会の案内』に関しましては、このテンプレートをご参照ください。(テンプレートにあります開催場所、開催時間等は記入例です。) 
(注)案内メールは支部MLにより送信されますが、昨今の個人情報の扱いに対する状況から、個人情報でもある支部MLの取り扱いは非常に厳しく、支部専用PCおよび別に配布されるUSBキーを用いてのみ行えます。従って、支部専用PCの保管場所および担当者の状況によっては講演会の案内メールの送付が間に合わず、HP上の案内掲載のみの対応になってしまう場合がございますので、その旨ご了解頂いた上でお申込み下さい。またシステム上、案内メールに電子ファイル類を添付することは一切できませんので、HPからのダウンロードのみの措置になります。別途資料がある場合にはHP上で案内致しますので、別途下記宛てに送付願います。
庶務幹事(正) : 長浜太郎
〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
北海道大学
大学院 工学研究院
E-mail   : nagahama◎eng.hokudai.ac.jp
         (◎を @ に直して送信下さい)
尚、講演会世話人の方は応用物理学会正会員の方とさせていただきます。
(注)聴講者数が極端に少ない例が見受けられますが、これは講演者に対して例を欠くと同時に、事業の公益性の観点からも問題となります。講演世話人はおおむね10名以上の参加者の確保をお願いします。
2. 「後援」区分について
講演会申し込みフォームの「主催・共催の別」項目にある「後援」区分は、謝金を伴わない講演会を開催する際に選択してください。 例えば、特別講義で来学した講師が特別講義の一部を講演会として行う場合、すでに他機関が特別講義内容に対して謝金を支払っておりますので、応用物理学会北海道支部がこの講演会に対して 謝金を支払うことはできませんが、「後援」区分を指定して講演会申請を行うことによってこの講演会を広く支部会員に通知することができます。(なお、特別講義とは別に講演会を開催する場合には謝金を 支払うことは可能です。) 特別講義の場合以外にも、謝金を必要としない講演会を開催したい場合、「後援」区分をご利用下さい。ただし、「後援」区分をご利用いただく場合も、(1)申し込みは講演日の2週間前迄、(2)講演会世話人は応用物理学会正会員の二つの条件を満足している必要があります。
3. 『謝礼』について
謝礼は、応用物理学会北海道支部単独で開催した講演会、および他の学会 との共催の一般の講演会の場合、11,137円、外国人12,565円となっております。また 応用物理学会北海道支部学術講演会での特別講演で開催の場合は、 22,274 円、外国人25,131 円としています。 (但し、お受け取り額は表示金額よりそれぞれ源泉税 1,137円、2,565 円、2,274 円、5,131 円を差し引いた10,000 円、10,000 円、20,000 円、20,000 円となります。) 謝礼につきましては、北海道大学構内で開催の場合、講演会当日までに下記に受け取りに来て下さるようお願い致します。 その際、謝金とともに領収書をお渡しいたしますので、講演会終了後、領収書に日付、住所、氏名および講演会参加人数を御記入のうえ、捺印をしたものを
会計幹事(副) : 鍜治 怜奈
〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
北海道大学
大学院 工学研究院
E-mail   : r-kaji◎eng.hokudai.ac.jp
         (◎を @ に直して送信下さい)
まで学内便で御返送下さい。(直接、持参されても結構です)。なお、名目として「講演会謝金として」と御記入下さい。講演会が北海道大学外で開催される場合は、謝金と領収書を現金書留にて送付いたしますので、上記と同様に領収書を御記入の上、上記会計幹事まで返送願います。