第46回応用物理学会北海道支部/第7回日本光学会北海道地区
合同学術講演会申込要領および原稿執筆要領


「申込」と「予稿提出」を同時に行なって頂くことになりましたので,ご注意下さい.
平成22年11月15日(月) 必着 【15日まで延長しました】

 【受付は終了しました】


発表要領
  a.講演時間 (質疑応答を含む): 15分
  b.発表形式:
    PCプロジェクタを使用していただきます.各自,ノートPCをご持参下さい.
 

発表申込
  a.要 領:
    電子メールでのみの受付となります.下記の「申し込み要領」および「原稿執筆要領」にしたがって作成し,電子メールにてお申込み下さい.
    なお,「申込」と「予稿提出」は同時に行なって下さい. 
    申込み先: kawakatsu◎rciqe.hokudai.ac.jp (実際には,◎を @ に直して下さい.)
     注1 発表者のうち少なくとも1名は会員であること.
     注2 この申込に基づいてプログラムを作成いたしますので,予稿原稿の題名と相違がないようにご注意下さい.
     注3 予稿原稿およびその他関連する資料の著作権は,応用物理学会北海道支部に帰属します.
  b.申込期限: (注: 予稿原稿を同時に提出いただきます.)
     平成22年11月15日(月) 必着  【15日まで延長しました】
     【受付は終了しました】
        c.講演料:
     学会会員: 無料
     非会員 (学生・大学院生): 無料
     非会員 (一般): 5,000円
         (但し,共著者に本会会員がいれば無料とする.)

照会先
   郵送による申し込み等,ご不明の点につきましては庶務幹事までご照会ください.
     〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
              北海道大学 量子集積エレクトロニクス研究センター
              応用物理学会北海道支部 庶務幹事 原 真二郎
              Tel. 011-706-7170
              E-mail: hara◎rciqe.hokudai.ac.jp
                   (◎を @ に直して送信下さい)

申し込み要領

(1) To: の欄に kawakatsu◎rciqe.hokudai.ac.jp と記入して下さい.
   (実際には,◎を @ に直して下さい.)
 
(2) 本文には,以下の項目をそれぞれ,リターンで区切って記入して下さい.
 
  講演題目         : 予稿原稿の題目と相違がないようご注意下さい.
  発表者(所属機関)  : 登壇者氏名の左側に〇印を付けて下さい.また,
                 姓と名の間に半角スペースをいれて下さい.
                 なお,非会員が登壇者の場合は,共著者の氏名,
                 会員番号をお書き下さい.
  発表希望学会     : 応用物理学会,日本光学会のいずれかを必ず記入
                 して下さい.
  発表希望分野     : 半導体物性,光計測など,研究に関係した研究
                 分野名をお書きください.プログラム作成の参考
                 にします.
  連絡先          : 発表責任者(Corresponding Author)の氏名,住所,
                 メールアドレス記入してください.
  奨励賞の審査 (注) : 登壇者が資格を有し,応用物理学会北海道支部
                 支部発表奨励賞の審査を希望する場合には「発表
                 奨励賞審査希望」と記入し,氏名,年齢(学年)
                 所属を記入してください.発表希望学会を日本
                 光学会とした場合でも,登壇者が応用物理学会員
                 であれば審査対象となります.詳しい 説明は,応用
                 物理学会北海道支部ホームページをご参照下さい.
  その他          : 複数論文投稿時の発表順番指定など,ありましたら
                 ご記入下さい.

(注): 規約には「発表年月日以降の4月1日時点で満28才以下の者,または発表年月日に於いて大学院修士・博士課程学生である者」と記載されています. 従って発表の時点で年齢によっては教員でも資格を有しますし,学部学生にも資格があります.また,院生であればそれ以上の年齢でも資格を有することになります.

(3) 記入上の注意
  講演題目は、文字の上付きや下付き,ギリシャ文字などが混在する場合が
  多いため,間違いが生じやすい項目です.そこで,以下の規則に従って記入
  してください.
  (a) アルファベットはすべて半角
  (b) 下付き文字と上付き文字は以下にように書いて下さい.
     X2a (2aが下付き) → X_{2a} X2a (2aが上付き) → X^{2a}
  (c) ギリシャ文字は以下のように書いて下さい.
     π → \pi  Π → \Pi

  例  InxAl1-xAsエピタキシャル成長の研究
     ○応物 太郎*,応物 花子*,** (北大工学研究科*・北大電子科学研究所**)

     上記の論文については,下記の要領でメールを作成してください.

     To: kawakatsu◎rciqe.hokudai.ac.jp
       (実際には,◎を @ に直して下さい.)

     講演題目: In_{x}Al_{1-x}Asエピタキシャル成長の研究
     発表者: ○応物 太郎*,応物 花子*,**
           (北大院工*・北大電子科研**)
     発表希望学会: 応用物理学会
     発表希望分野: 結晶工学
     連絡先: 応物 太郎
         〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
                  北海道大学大学院工学研究科
                  応用物理学専攻
                  半導体物性講座
                  t-obutu@shibu.obutu.hokudai.ac.jp
     奨励賞の審査: 発表奨励賞審査希望
            応物 太郎、24歳(修士2年)、
            北海道大学大学院工学研究科
            応用物理学専攻
            半導体物性講座
     その他: 特になし

-------------------------------------------------------------------------------

原稿執筆要領

A. 原稿はオフセット印刷(提出原稿がそのまま印刷の原版となる)いたしますので,A4白紙にワードプロセッサを用いて作成して下さい.長さは原則として1ページです.本文は10ポイントから12ポイントまでの活字を使用し,上下左右とも24mm以上の余白をとりその枠内でお書きください.

B. 原稿は以下の順に書いてください.
1. 題目
  (印刷時に題目の左側に講演番号を付けるので,1行目は枠内左15mm以上あける.)
2. 所属と著者名 (この順で)
3. 本文

C. 原稿締切: 平成22年11月15日(月)必着 【15日まで延長しました】
  【受付は終了しました】

D. 送付方法: 添付ファイルとして講演申し込み時にお送り下さい
  送付先は申し込み要領に記載されています.受理可能な形式は以下の3つです.
  別形式ファイル等については,本文項目4の照会先に照会してください.
(1) Microsoft Word
  (図を含む場合には,原稿内に図が挿入されていること.)
(2) PDFファイル
(3) TeXまたはLaTeXファイル
  (図を含む場合は図のepsファイルも送り,TeXファイルはこれらepsファイルを正しく参照していなければならない.また,TeX(LaTeX)ファイルにおいて,標準的なスタイル・ファイル以外を使用してはならない.)