公益社団法人 応用物理学会 結晶工学分科会主催
第21回結晶工学セミナー

半導体結晶:シリコン vs 化合物
- パワーデバイスと太陽電池基板材料の課題と展望 -


日時:2017年1月30日(月)10:00〜17:20
場所:工学院大学 新宿キャンバス  高層棟6階652室    →アクセス
     東京都新宿区西新宿1-24-2(JR新宿駅下車,徒歩約5分)



 次世代の省エネルギー技術としてパワーデバイスが,クリーンなエネルギー源として太陽電池が非常に注目されています.これらのデバイスの出発点は基板であり,現在のところ主力基板材料はシリコン結晶です. しかし, パワーデバイスではSiCやGaNが近年 実用化に向けて急速に進展しています. 一方,太陽電池でも理論的に高い変換効率が期待できる化合物系材料の実用化が進んでいます.本セミナーでは,各研究分野の第一人者を招き,シリコン材料の高性能化と化合物系材料のさらなる実用化に向けた課題を対比する形でご紹介いただきます.



< プログラム >

10:00〜10:10 挨拶 結晶工学分科会幹事長 鍋谷 暢一(山梨大学)
10:10〜10:55 シリコンから化合物そしてペロブスカイト太陽電池 佐藤 勝昭
(科学技術振興機構)
10:55〜11:40 太陽電池用シリコン結晶の課題と展望 小野 春彦
(神奈川県産技セ)
11:40〜12:25 CIS系太陽電池の課題と展望 和田 隆博 (龍谷大学)
12:25〜14:00 昼休み
14:00〜14:45 パワーデバイス開発と今後の展開 大村 一郎
 (九州工業大学)
14:45〜15:30 SiCパワーデバイス用結晶の課題 山本 秀和
(千葉工業大学)
15:30〜15:50 休憩
15:50〜16:35 GaNパワーデバイス用基板の開発 森 勇介 (大阪大学)
16:35〜17:20 パワーデバイス向けシリコンウェーハの技術動向 下山 学
(株式会社 SUMCO)


 
  セミナーは終了しました
 
   


問合せ先 
小野 敏昭(SUMCO)TEL: 0955-20-2298, FAX: 0955-20-2294, E-mail: tono1@sumcosi.com
須田 淳 (京都大学) TEL: 075-383-230, FAX: 075-383-2303, E-mail: suda@kuee.kyoto-u.ac.jp
反保 衆志 (産業技術総合研究所) TEL: 029-861-9148, FAX: 029-861-5615, E-mail: tampo-21@aist.go.jp
沓掛 健太朗 (東北大学) TEL: 022-215-2044, FAX: 022-215-2041, E-mail: kutukake@imr.tohoku.ac.jp
岡山 昇平(応用物理学会事務局)TEL:03-5802-0863, FAX:03-5802-6250, E-mail: divisions@jsap.or.jp

結晶工学分科会のホームページへ