公益社団法人 応用物理学会 結晶工学分科会主催
第22回結晶工学セミナー

結晶工学 × データサイエンス
- 最先端事例から学ぶクリスタルインフォマティクス -


日時:2017年12月12日(火)13:00〜17:45
場所:工学院大学 新宿キャンバス アーバンテックホール   →アクセス
     東京都新宿区西新宿1-24-2(JR新宿駅下車,徒歩約5分)



 AI、ディープラーニング、ビッグデータ、データマイニング、データ同化など、データ科学・情報科学の発展は、現代社会に大きな変革をもたらそうとしています。同様に、応用物理学・結晶工学の分野においても、その応用の可能性に大きな注目が集まっています。しかし、多くの結晶工学研究者にとっては、データ科学・情報科学はなじみが薄く、比較的敷居の高い分野ではないでしょうか。そこで本セミナーでは、データ科学・情報科学と結晶工学に関連した第一線の研究者の方々に最先端の研究事例をご紹介いただきます。さらにセミナー後半では、新進気鋭の若手研究者の方々にデータサイエンスの実演を含んだ講演をしていただきます。具体的な研究事例を通して、データ科学・情報科学への理解を深めるとともに、結晶工学のさらなる可能性について議論したいと考えています。


< プログラム >

13:00〜13:10 挨拶 結晶工学分科会幹事長 鍋谷 暢一(山梨大学)
13:10〜13:15 イントロダクトリートーク 沓掛 健太朗 (東北大学)
13:15〜14:00 【基調講演】結晶成長におけるプロセスインフォマティクスの試み
  (SiC溶液成長を例に)
宇治原 徹
 (名古屋大学)
14:00〜14:40 マテリアルズインフォマティクスによる結晶界面の構造解析 溝口 照康
 (東京大学)
14:40〜14:55 休憩
14:55〜15:35 in silicoスクリーニングによる新規窒化物半導体の探索 大場 史康
 (東京工業大学)
15:35〜16:15 高次元材料情報統合型研究による材料開発の革新的効率化 足立 吉隆 
 (名古屋大学)
16:15〜16:30 休憩
〜若手研究者によるデータサイエンス実演〜
16:30〜16:55 サポートベクターマシンによる金属積層造形レシピ開発の効率化 青柳 健大 (東北大学)
16:55〜17:20 データ科学的手法による適応的なマッピング 菊地 亮太 (富士通研究所)
17:20〜17:45 TEMイメージからの3次元ナノポーラス構造の再構成 中島 千尋 (東北大学)


 
参加受付:事前申し込みは下の「参加申込」ボタンから
(空席があれば当日受付も行います.)
 
参加費: 当日会場にてお支払いください.(テキスト代・消費税込)

結晶工学分科会会員* 分科会学生会員* 応用物理学会員・
協賛学会会員
一 般  一般学生
 6,000円   2,000円   8,000円   10,000円   4,000円 
 

  2017年結晶工学スクール参加者は、いずれも50%割引となります

  *結晶工学分科会賛助会社の方は結晶工学分科会会員扱いとします.  
    また、当日ご入会の方も結晶工学分科会会員扱いとします.

問合せ先 
沓掛 健太朗 (東北大学) TEL: 022-215-2044, E-mail: kutukake@imr.tohoku.ac.jp
尾沼 猛儀 (工学院大学) TEL: 042-628-4704, E-mail: onuma@cc.kogakuin.ac.jp
反保 衆志 (産業技術総合研究所) TEL: 029-861-9148, E-mail: tampo-21@aist.go.jp
岡山 昇平(応用物理学会事務局)TEL: 03-3828-7723, FAX: 03-3823-1810, E-mail: divisions@jsap.or.jp

結晶工学分科会のホームページへ