以下のような質問が以前寄せられています、質問時の参考にしてください。
(類似の質問でも、まったく異なる質問でも構いません。皆様の質問・相談をお待ちしております。)

1. 結晶の転位、欠陥周辺のエネルギーポテンシャルはどうなっているのか。

2. 量子井戸構造において歪み量(圧縮若しくは引張)を変化させると量子井戸におけるバンド構造がどのような変化をするか、また電子・ホールの状態密度と有効質量がどのように変化するのか

3. ボンド法が使えないX線回折装置で応力を定量的に評価する方法、計算式など
良い参考書なども合わせてご紹介頂ければ幸いです。 

4. 理論計算における「正確さ」とは何をもって議論できるのか。
  実験値との整合性を評価できるような理論解析手法を確立するためにはどうするべきか。

5. SIMS等を利用せず絶縁ドーパントの濃度を手軽に測定する方法はありますでしょうか?

6.  X線回折評価における逆格子マッピングについてまだ理解が不足しているところがあるので、この逆格子マッピングからどのような情報が得られるのかまたその得られた情報をどのように計算して求めているのか知りたいです。