■第125回研究会(2006.8)■
実験研究者のための計算機実験
:実験屋のツールになりうるか?
平成18年8月2日
大阪産業創造館堂 案内
 
Cover Picture
表紙(pdf)

ワイドギャップ半導体のマテリアルデザインとCMD-RTN 吉田 博 (阪大) 1
ナノシリコンデバイスの材料設計、物性予測、機能設計と
文部科学省ITプログラムの取り組み
大野 隆央 (物材機構) 9
ソフトウェアメーカーの取り組み例 宇田 毅,宇佐見 護,山本 武範,
甲賀 淳一朗 (アドバンスソフト)
17
ULSI材料のTEM-EELS分析と電子構造計算 五十嵐 信行 (NEC) 23
電子部品メーカーにおける強誘電体材料研究への第一原理計算の活用 森分 博紀 (ファインセラミックスセンター) 31
パソコン計算でどこまで物性が予測(説明)できる?
表面科学から物質科学まで
田畑 仁 (阪大) 39
気相成長の熱力学解析:計算結果の実験への適用 纐纈 明伯 (農工大) 51
材料開発に第一原理計算は役立つか?
—第一原理計算を用いた非鉛系強誘電体ANbO3 (A= Li, Na, K)に関する研究—
繁實 章夫,和田 隆博 (龍谷大) 65


戻る