■第128回研究会(2008.4)■
透明デバイスを担う結晶工学
:多様なる透明導電性材料とデバイスの今後を見る
平成20年4月23日
学習院創立百周年記念会館
3F小講堂 案内
 
Cover Picture
     表紙(pdf)

酸化物の特徴を活かした機能開拓とデバイス 細野 秀雄 (東工大) 1
ZnO系透明酸化物の太陽電池応用 山田 明 (東工大) 9
低赤外吸収・高移動度透明導電膜 鯉田 崇 (産総研) 17
ITO代替ターゲットへの要求性能 矢作 政隆 (日鉱金属) 25
ニ酸化チタン系透明導電膜 長谷川 哲也 (東京大/KAST) 33
透明アモルファス酸化物半導体の電子ペーパーへの応用 伊藤 学 (凸版総合研) 41
FRスパッタ法によるアモルファス酸化物チャネルTFTの作製 田 透 (キャノン) 49


戻る