■第132回研究会(2010.4)■
半導体ナノ構造が切り開くナノエレクトロニクス
−ナノ構造作製技術の現状と結晶工学の課題−
平成22年4月23日
学習院創立百周年記念会館3F
小講堂 案内
 
Cover Picture
      表紙(pdf)
半導体ナノ構造のあゆみと今後の展望
〜量子ドットデバイスを中心にして〜
荒川 泰彦(東大) 1
GaN系ナノ構造の結晶成長と光デバイス応用 岸野 克巳、菊池 昭彦、関口 寛人、石沢 峻介、
光野 徹也、神村 淳平(上智大)
6
MOVPE選択成長を用いたIII-V族半導体ナノワイヤの形成と応用 本久 順一、福井 孝志、原 真二郎、比留間 健之、
冨岡 克広 (北大)
15
STMBEよる量子ドット成長のその場観察 塚本 史郎(阿南高専) 23
光デバイス応用に向けたInAs量子ドットの高密度・高均一成長 山口 浩一 (電通大) 29
量子ドット光デバイスの開発と商用化 菅原 充(株)QD レーザ) 37


戻る