お問合せ  
分科会主催行事について   結晶工学分科会研究会
結晶工学スクール   未来塾・年末講演会
結晶工学セミナー   学会での主催シンポジウム
バックナンバー申込   年間購読について
スケジュール
分科会主催行事

分科会主催行事について

結晶工学分科会研究会

結晶工学スクール

未来塾・年末講演会

結晶工学セミナー

学会での主催シンポジウム

バックナンバー申込

年間購読について

スケジュール

結晶工学分科会研究会

公益社団法人応用物理学会結晶工学分科会主催
第153回結晶工学分科会研究会(応用電子物性分科会との連携研究会)

紫外材料・デバイス開発の最前線
~結晶成長の理解とデバイス開発~


◇ 日時:2020年11月19日(木)10:00~16:20
◇ 場所:ZoomによるOnline開催


  近年、窒化物半導体を用いた紫外発光デバイス(LEDやレーザダイオード)の研究開発の進展が目覚ましく、水銀ランプなどの置き換えだけでなく、紫外線の新たな応用の可能性にも注目が集まっています。また、AlGaN以外の紫外材料の開発、あるいは、SHGのような新たなアプローチによる紫外デバイス開発も進展しつつあります。今回は、紫外材料・デバイスの研究開発の現状を理解し、今後の展望について議論することを目的として、「応用電子物性分科会と結晶工学分科会との連催研究例会」を企画しました。第一線でご活躍されている方々に下記のプログラムにて招待講演をいただきます。初日の応用電子物性分科会研究例会では、「物性の理解とデバイス開発」の観点から、2日目の結晶工学分科会研究会では、「結晶成長」の観点から、紫外材料および紫外デバイスの研究開発について議論を深めたいと考えています。


***プログラム***

10:00~10:10 挨拶 結晶工学分科会幹事長
10:10~10:15 イントロダクトリートーク 担当幹事
10:15~11:00 緩和した中間Al組成AlGaNの作製とUV-Bレーザの作製 岩谷 素顕 (名城大学)
11:00~11:45 AlNおよび高AlNモル分率AlGaN混晶におけるAl空孔複合体の役割 秩父 重英 (東北大学)
11:45~13:00 休 憩
13:00~13:45 サファイア上AlN膜の高温アニールによる高品質化と深紫外LED開発 三宅 秀人 (三重大学)
13:45~14:30 HVPE法による単結晶AlN基板開発の進展 永島 徹 (トクヤマ)
14:30~14:50 休 憩
14:50~15:35 酸化物半導体MgZnOの結晶成長とサブ200 nmの発光特性 尾沼 猛儀 (工学院大学)
15:35~16:20 二次元ワイドバンドギャップ物質・六方晶窒化ホウ素の光学特性とその応用 渡邊 賢司 (NIMS)

 
参加受付:  研究会は終了しました
   
参加費 (テキスト代・消費税込):
結晶工学・応用電子
分科会会員*
結晶工学・応用電子
分科会学生会員

応用物理学会会員
(分科会員でない場合)

一 般  一般学生
3,000円 1,000円 7,000円

10,000円

2,000円
  *分科会(含む応電)賛助会社の方は分科会会員扱い(3,000円)とします. 
  参加費を下記振込先にお振込みください.  
       三井住友銀行 本店営業部(本店も可) 普通預金3340260  
      (公社)応用物理学会 「(シャ) オウヨウブツリガッカイ」
     ・11月17日(火)までにお振込みください。(入金確認後、領収書をメールで送付します.)
      ・請求書の発行をご希望の方はお申し付け下さい.  

上記講演会の問合せ先:
船戸 充 (京都大学) E-mail: funato@kuee.kyoto-u.ac.jp
尾沼 猛儀 (工学院大学) E-mail:onuma@cc.kogakuin.ac.jp
熊谷 義直 (東京農工大学) E-mail:4470kuma@cc.tuat.ac.jp
五十嵐 周(応用物理学会 事務局) TEL: 03-3828-7723(分科会直通) E-mail:igarashi@jsap.or.jp



連携研究会のご案内:
前日11/18(水)13:00-17:20 に
紫外材料・デバイス開発の最前線 ~物性の理解とデバイス開発~
が応用電子物性分科会主催で開催されます。
参加費は別途必要となりますが,結晶工学分科会会員の皆様も応用電子分科会の会員としての割引が適用されますので、併せて参加をご検討下さい。

講演内容:
産業化を目指した深紫外LED高効率化の検討  (13:15-14:00) 平山秀樹 (理化学研究所)
AlGaN-LEDとBeyond 5G (14:00-14:45)  吉田悠来 (情報通信研究機構)
AlGaN量子井戸構造における励起子の発光・非発光ダイナミクスと深紫外誘導放出 (14:45-15:30) 室谷英彰(徳山高専)、山田陽一(山口大学)
高品質AlN基板上に作製したUV-Cレーザーダイオード (15:50-16:35)  笹岡千秋(名古屋大学)
ワイドギャップ窒化物半導体波長変換デバイスによる紫外光発生 (16:35-17:20) 片山竜二 (大阪大学)

  *詳細は応用電子物性分科会のホームページをご覧下さい。
 

© 2020 応用物理学会結晶工学分科会