お問合せ  
本会の目的と主な事業   幹事長挨拶
賛助会員   幹事名簿
分科会概要

本会の目的と主な事業

幹事長挨拶

賛助会員

幹事名簿

幹事長挨拶

幹事長就任のご挨拶

物質·材料研究機構   大島祐一

 2018年4月より、鍋谷前幹事長の後を引き継ぎ、大変僭越ながら第26代の結晶工学分科会幹事長を仰せつ かりました。私は当時勤めていた会社の上司と交代するような形で2009年に当分科会の幹事に就任したのですが、当時は右も左もわからず、先輩幹事の先生方の(自分にはない)幅広い知識や人脈、深い洞察にひたすら驚き感心し、そんななかでも少しでも貢献できるようにと幹事業務に取り組んできました。そして今でも状況はあまり変わりませんが、どういうもののはずみかこのような立場になってしまいました。歴代の幹事長の鉾々たる頻ぶれを思いますと、何やら縮み上がる思いがしてきますが、せっかくですので微力ながら精一杯やらせて頂きます。なにぶん若輩者につき至らない点が多々あるかと存じますが、皆様のご指導、ご助力を頂ければ幸いです。
 さて、当分科会の主な活動内容を簡単にご紹介しますと、最新のトピックスをとりあげ、第一線の研究者を招いて議論する「結晶工学研究会」(年2回)、一流の講師陣が結晶成長から評価、理論まで結晶工学の基礎を3 日間にわたって徹底解説する「結晶工学スクールJ 、その発展版としての位僅づけの「結晶丁学セミナー」、そして若手の啓発、育成を主眼とした「結晶工学未来塾(モデファイを検討中です)」と、多様な行事を開催していまず。また、会誌「クリスタルレターズ」を年3回刊行しています。本会誌は、当分科会の第14代幹事長も務められた佐藤勝昭画伯による美しい表紙絵に始まり、会合情報、基磋講座、質間コーナー等々はもちろん、巻末の広告に至るまでお役立ち情報がいっぱいです。結晶工学分科会は、結晶工学に関する知識および技術の向上• 発展に寄与すること、会員相互の連絡・交流をはかることを目的としています。上に挙げた行事は、いずれも会員の皆様のご支持を頂きながら長年にわたって回数を重ねてきました。今後もこの伝統を踏まえつつ、よりいっそう会員の皆様の利益になるよう、改善を図っていきたいと思います。そのためには、まずは講演会のアンケート等を通じて、改善すべき点やニーズをよ<把握することが第ーです。皆様が講演会に参加された際には、アンケート、特に、「改善ずべき点」や「将来企画してほしいこと」、のような、自由記述のところにぜひー筆いただけますようお願い申し上げます。また、結晶丁学分科会ウェプサイト(https://annex. jsap. or. jp/kessho/) の「お問い合わせ」や、お近くの幹事を通じてもご意見を頂ければ幸いです。なお、結晶エ学分科会ウェブサイトでは最新のイベント情報の閲覧や参加登録、結晶工学分科会ヘの入会手続きも行うことができます。また、講演予稿集のバックナンバー販売も行っています。分科会員であれば、予稿集pdfを無料で閲覧することもできますので、ぜひご利用ください(直近のものは未対応の場合があります)。
 最後になりましたが、日ごろ結晶工学分科会の活動を支えて頂いている会員の皆様、賛助会員の皆様、広告主の皆様、応物事務局の皆様に御礼を申し上げます。魅力ある企画をお届けできるよう、幹事一同、頭を絞って努力してまいりますので、今後とも結晶工学分科会をよろしくお願いいたします。
2018年5月
 

© 2018 応用物理学会結晶工学分科会