ようこそ

 近年、計算機性能が飛躍的に向上していることから、時間依存ギンツブルグ・ランダウ(TDGL)方程式を基にした量子化磁束線の運動に関するシミュレーションなど、超伝導現象について数値計算を行なう例が増えています。シミュレーション技術の積極的な貢献により、現在実験主導で進められている超伝導応用の研究開発が効率的かつ飛躍的に進展することが期待されます。一方で、TDGLを始めとする基礎方程式の適用範囲については議論が盛んに行われているが、不明な点も多いです。またナノ組織制御が実際に可能となってきている状況で、ナノ欠陥との相互作用の数値解析の重要性が増しているなど、新たな数値シミュレーションが注目されてきています。
 そこで、本研究グループでは最新の数値シミュレーション技術を取り込んだ超伝導応用研究への貢献を目指して、基礎方程式や解析手法の妥当性,および複雑な超伝導現象について議論するための場として本グループを設立することとしました。

新着情報

トピックス

  • はてなブックマークに追加