応用物理学会「励起ナノプロセス」研究会 「励起ナノプロセス」研究会




トップページ
設立趣旨/活動方針
活動基本計画
活動予定と記録
研究会規定と入会案内
関連会議/関連リンク
2016/4/26 更新

    応用物理学会 「励起ナノプロセス研究会」の公式サイトへようこそ!

ニュース・予定

    2016年の活動予定:
     年末ころに第12回研究会を開催予定です。取り上げたいテーマやトピックスをお持ちの方は幹事までお知らせください。

はじめに

    本研究会は、色々な物質に種々の量子ビーム(光(赤外、可視、紫外、X線)、電子線、イオンなど)を照射して物質の構造を改変・創製する試みを対象に、基礎から応用にわたる研究交流の場を設けるため設置されました。
    各励起プロセスに内在する物理機構、副次的に生じる励起の種類と相互関係を基礎的に探り、得られた知見をもとに基礎に裏付けられた物質構造のナノスケール改変・加工の指導原理を確立します。

    2004年10月に応用物理学会内に新領域研究グループとして発足しました。3年間にわたり研究会やシンポジウムの開催などを実施した結果をふまえ、さらに活発的に研究交流・推進を行うために規模を拡大し、2008年1月から研究会組織となりました。


© 応用物理学会「励起ナノプロセス」研究会