講演会等申請

 現在、東北支部では、東北支部講演会および東北支共催等負担金拠出の申請を受け付けております。

支部講演会

 以下の「応募方法」に従ってお申込みください。

 

区分 定義 支援 募集時期 応募方法 選考プロセス 報告
主催 支部が支部会員を対象として企画・運営する講演会。支部役員会での審議・承認を必要とする。 必要な経費をすべて支援する。

4月、10月の年2回、一定期間募集を行う。

※2018年度〆切:2018年6月10日(日)

支部【主催・共催】講演会提案書をtohoku@jsap.or.jp宛にメールでご提出ください。 年2回(6~7月、および12月)開催される支部役員会において審議・選考を行う。 報告書の提出は不要です。
共催 支部が応用物理学会と同格の団体とともに開催する講演会。主催と同様、支部役員会での審議・承認を必要とする。 必要な経費を共催相手と按分する。
会計業務は会計幹事が共催相手の会計担当者と相談して行う。
協賛・後援 支部会員が支部会員を対象として企画・運営する講演会。支部役員会メール審議にて選考する。

講師謝金(1回開催あたり2万円)のみ支援する。謝金支払いの手続きは会計幹事が行う。

※全体予算は20万円。

年度初め(4月中)に5月から翌年3月までの同制度利用希望者を募集する。

※この募集で10件の開催が決まらない場合、募集を随時受け付ける。

※2018年度〆切:2018年6月10日(日)

支部【協賛・後援】講演会申請フォームからお申し込みください。 支部役員会メール審議にて選考する。 支部講演会終了後、支部講演会報告書をご提出ください。

 

共催等負担金拠出事業

 こちらをご覧ください。

 

      
Back