極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ
講演奨励賞規程

第1条(名 称)
    本賞は、「極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ 講演奨励賞」と称する。

第2条(規程の趣旨)
    本規程は、公益社団法人応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループが講演奨励賞に対して行う表彰に関して定めたものである。

第3条(表彰の目的)
    本表彰は、極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループの研究会に於いて、応用物理学の発展に貢献しうる優秀な発表に対し「講演奨励賞」を授与し、その功績を称えることを目的とする。

第4条(表彰の対象)
    表彰対象は極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループの研究会で、応用物理学の発展に貢献しうる優秀な発表(ポスター発表を含む)を発表した学生であって、以下の資格を有する者とする。
    (1) 講演の筆頭著者であること
    (2) 登録された登壇者であり、かつ実際に登壇した者
    (3) 原則として当該功績をあげた応用物理学会会員とする。

第5条(受賞者人数)
    本表彰の受賞者数は以下のとおりである。
    (1) 総獲得票数の多い発表の上位から受賞対象となる。
    (2) 受賞者は発表件数の 1 割以下とし端数は切り捨てる。
    (3) 発表件数が 10〜19 件のとき受賞者数は 1 名である。
    (4) 発表件数が 20 件以上のとき受賞者数は 2 名以上となる。
    (5) 得票数が同数のときはいずれも受賞とする。
    (6) 受賞者数の上限を 3 名とするが、同数の得票により 4 名以上となった場合はその限りではない。

第6条(受賞手続き)
    1. 受賞者の選考は研究グループ代表者が委嘱した数名からなる「応用物理学会極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ講演奨励賞」選考委員会が行う。
    2. 受賞者が決定されたときは、当該選考委員会委員長が研究グループ幹事会に選考の経過及び結果を報告し、承認を得る。
    3. 研究会委員長は、受賞者決定後、速やかに本会理事会に報告するとともに該当者に通知し、ホームページに公示する。
    4. 受賞者には研究会委員長名で表彰を行い、賞状(および副賞)を授与する。

第7条(費用)
    本表彰にかかる費用は、極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ予算内で賄う。

第8条(規程の改正)
    本規程の改正は、学会総務担当理事承認の承認を得るものとする。

附則
 2021年 6月23日 総務担当理事承認




もどる



応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ

https://annex.jsap.or.jp/radiation-luminescence/