当グループの趣旨

蛍光を伴う量子エネルギー変換現象への理解を進めます。特に@励起エネルギー、A励起密度、B励起後の経過時間の3つの軸を考慮し、発光および消光のダイナミクスを解明することを目指します。





活動

    ・年1回以上の研究会開催
    ・メンバー間の共同研究の実施

運営体制

    代表者  柳田 健之(奈良先端科学技術大学院大学)
    副代表者 越水 正典(東北大学)
    幹事長  河口 範明(奈良先端科学技術大学院大学)

メンバー






応用物理学会 極限的励起状態の形成と量子エネルギー変換研究グループ

https://annex.jsap.or.jp/radiation-luminescence/