常任幹事名簿

第47期:2018.4.1.~2019.3.31

幹事長

yoshimura

氏名

吉村 雅満

所属

豊田工業大学大学院工学研究科

E-mail

表面の世界に入り早30年。 この間自分の趣味のように心向くまま研究してきましたが、 本当に世の中に役に立つプロジェクトをバーンと打ち上げたいと考えています。ただ毎日雑用が、、、 今回常任幹事になり、研究について考える時間が増えることを楽しみにしています。(専門:プローブ顕微鏡、カーボン材料) URL:http://www.toyota-ti.ac.jp/Lab/Zairyo/surface/index.html

副幹事長

tabata

氏名

田畑 仁

所属

東京大・バイオエンジニアリング

E-mail

レーザMBE法等を用いた機能性酸化物(誘電体、磁性体、半導体)薄膜・人工格子関連研究。酸化物エレクトロニクス・フォトニクスによる電子デバイス、バイオセンサ関連研究に従事。 URL:http://www.bioxide.t.u-tokyo.ac.jp/index.html
hurukawa

氏名

古川 貴司

所属

(株)日立ハイテクノロジーズ

E-mail

学生時代は超微粒子やAg/Si(111)表面構造解析などの研究を行いました.日立入社以降,スピン偏極電子を利用した薄膜および表面磁性の研究や,走査プローブ顕微鏡技術を用いた半導体デバイスのSEM式ナノプロービングシステムの開発などに従事しました.2007年の日立ハイテク異動後は,研究現場から離れ,企画部門の立場で研究開発の企画・運営を行っています.どうぞよろしくお願いいたします.

庶務幹事

hayashi

氏名

林 智広

所属

東工大・物質理工

E-mail

Sorry JavaScript unavailable
人工物と細胞・組織の界面における分子プロセスの解析をしています。生体適合性の物理的起源は何か?生体と適合する材料に求められる物性は?という問に答えるために、表面。界面解析手法を開発しています。 URL:http://lab.spm.jp/
nakamura

氏名

中村 芳明

所属

大阪大・基礎工

E-mail

表面ナノ構造が有する独特の性質に興味をもち、これを利用することで新規・高性能材料の開発を目指しています。 よろしくお願いします。 URL:http://www.adv.ee.es.osaka-u.ac.jp/

会計幹事

氏名

黒木 伸一郎

所属

広島大ナノデバイス・バイオ融合科学研究所

E-mail

Sorry JavaScript unavailable
SiC半導体を用いた極限環境エレクトロニクスと、シリコン薄膜トランジスタの研究を進めています。宇宙や深地下などの新しいフロンティア開拓や、原子力発電所の廃炉技術への応用、医療応用を目指して、放射線曝露下や超高温環境でも動作するSiC集積回路・センサーの研究を進めています。 URL: http://www.rnbs.hiroshima-u.ac.jp/
matsumoto

氏名

松本 祐司

所属

東北大・応用化学

E-mail

学生時代の金属単結晶表面のUHV-STM観察に始まり,その後は,酸化物,有機半導体の薄 膜のMBE成長の研究に取り組んできました。最近は,真空蒸着法によるナノサイズのイ オン液体の液滴や薄膜を形成する新しい技術を開発し,ナノイオン液体のイオン伝導や 粘性等の基礎物性の解明とデバイス応用にも挑戦しています。 URL: http://www.che.tohoku.ac.jp/~atomol/

編集幹事

sadoh

氏名

佐道 泰造

所属

九大・システム情報科学

E-mail

Sorry JavaScript unavailable
次世代の集積回路やフレキシブル・エレクトロニクスの創出を目指し、絶縁膜上におけるIV族半導体薄膜の結晶成長とデバイス応用に関する研究を行っています。 URL: http://nano.ed.kyushu-u.ac.jp/~sadoh_lab/
mera

氏名

目良 裕

所属

滋賀医科大・生命科学講座(物理学)

E-mail

半導体結晶中の欠陥やナノマテリアルに関連した電子励起現象の研究、および 走査トンネル顕微鏡と光照射を組み合わせた新しい測定手法の開発を行って います。最近、生体分子関連の研究を始めました。 URL: http://www.shiga-med.ac.jp/hqphysi/

広報幹事

氏名

林 司

所属

日新電機

E-mail

Sorry JavaScript unavailable
大学では実験装置の立上げ・製作等を行い炭素系薄膜やシリコン系薄膜を形成し、それらの表面および界面のXPSによる構造評価等に関する研究を行いました。日新電機入社以降も半導体・液晶関連製造装置の開発やプロセス開発、形成した薄膜やナノ材料の表面・界面の構造評価等を行って参りました。最近は研究部門の中長期ビジョンの策定やテーマの仕込み、FS等に従事しています。
nagamura

氏名

永村 直佳

所属

物質・材料研究機構(NIMS)

E-mail

学生時代にはARPESや多探針STM装置を用いた半導体表面超構造・薄膜物性計測を行っていました。その後は放射光の世界に飛び込み、現在に至るまで顕微分光を軸としたXPS・XAFSによるデバイスの表面・界面局所解析を行っています。最近では、デバイスを動作させながらのオペランド測定や、マテリアルズインフォマティクス的手法を活用したスペクトルイメージングの効率的なデータ解析手法開発などに取り組んでいます。 URL: http://www8.plala.or.jp/naganao_surface/

企画幹事

氏名

伊藤 貴司

所属

岐阜大・工

E-mail

Sorry JavaScript unavailable

氏名

小嗣 真人

所属

東京理科大・基礎工学部

E-mail

Sorry JavaScript unavailable
分子線エピタキシーによる人工格子の作成と、フォトリソグラフィーによる微細加工を行い、ナノ構造の作成を行っています。また放射光施設SPring-8を利用した先端解析によって物質機能を詳細を解析しています。最近では機械学習との連携によって、大規模実験データからのデータマイニングをおこなっています。

氏名

高村 由起子

所属

北陸先端大・マテリアルサイエンス

E-mail

Sorry JavaScript unavailable

氏名

中村 誠

所属

富士通研・ネットワークシステム研究所

E-mail

Sorry JavaScript unavailable
表面分析及び電子顕微鏡等を用いて,先端CMOSの材料及びプロセス開発を行ってまいりました。 近年は,異種デバイスの2・3次元集積プロセスの開発に従事しています。 日本の半導体産業や電機業界に再び栄光の日が訪れることを夢見ています。 いつも「過去の自分より少しだけ優れていたい!!」と思っています。 (専門分野:半導体プロセス&材料,電子分光,D-SIMS,電子顕微鏡[TEM/STEM,FIB])
yanagihara

氏名

柳原 英人

所属

筑波大学

E-mail

Sorry JavaScript unavailable
スパッタリング法を用いて作製した磁性酸化物薄膜や、磁性微粒子について研究して います。高品位な試料の歪や界面を制御することで新たな機能を引き出すことを目指 しています。 URL: http://www.bk.tsukuba.ac.jp/~mmml/
yamada

氏名

山田 貴壽

所属

産総研・ナノ材料

E-mail

耐環境デバイス、ディスプレイ、センサー応用を目指して、グラフェンやダイヤモンド薄膜等の炭素材料の導電性と熱伝特性制御技術開発と、ワイドバンドギャップ半導体の表面機能化に取組んでいます。

事務局

氏名

五十嵐 周

所属

応用物理学会

E-mail

Sorry JavaScript unavailable