先進パワー半導体分科会

公益財団法人 応用物理学会 ENGLISH PAGE

分科会規程

先進パワー半導体分科会規程

第1条(名称)
本分科会は、応用物理学会 先進パワー半導体分科会(英語名 Advanced Power Semiconductors Division)と称する。
第2条(目的)
本分科会は、先進パワー半導体に関する研究の推進および技術の向上をはかることを目的とする。
第3条(事業/活動)
本分科会は、前項の目的を達成するために次の事業を行う。
  1. 講演会、討論会、シンポジウム、チュートリアルなどを開催する。
  2. 分科会事業にかかわるウェブ上での広報活動を行う。
  3. その他本分科会の目的達成に必要な事業を行う。
第4条(会員)
  1. 本分科会は、前項の目的に賛同する応用物理学会(以下、学会という)会員(正会員および学生会員)、本分科会が加入を認め学会理事会がそれを承認した者(分科会会員)をもって組織する。
  2. 会員の資格審査は分科会の会員資格審査基準にのっとるものとする。
  3. 分科会員は本分科会の事業に限り参加することができる。
  4. 会員の除名および資格喪失については、応用物理学会定款第9条および第10条に準じる。
第5条(会費)
分科会会員は、次の分科会費を12月末日までに前納するものとする。
  • 正会員:本会および分科会の両方に所属する場合
               年額 2,000円(院生・学生は1,000円)
    準会員:分科会のみに所属する場合
    ・分科会会員(個人) 年額 4,000円
第6条(幹事会)
  1. 本分科会に幹事をおき、幹事会を構成する。
    幹事会は、分科会の重要事項を審議決定し、分科会の運営をつかさどる。
  2. 幹事会に次の役員をおく。
    • 幹事長 1名
      常任幹事 若干名
    ただし、幹事長の要請により幹事会が必要と認めたときは副幹事長(2名以内)をおくことができる。
  3. 幹事長は、会務を総括し、学会理事会に出席して会務を報告し、規程の制定および改正、役員の選任、事業計画、事業報告、予算・決算、その他重要事項の承認を求める。
    副幹事長は幹事長を補佐し、幹事長に事故あるときはその職務を代行する。
    常任幹事は、庶務、会計、企画その他の常務を処理する。
  4. 役員の選任は次による。ただし、幹事長は学会理事会の承認を要する。
    幹事は会員の互選により、幹事長は幹事の互選により決める。
    副幹事長および常任幹事は、幹事会の議を経て、幹事長が委嘱する。
  5. 幹事のほか、幹事長の求めに応じて幹事会に出席し分科会事業への助言を行う顧問をおくことができる。
    顧問は、幹事会の議を経て、幹事長が委嘱する。
  6. 幹事長および副幹事長は学会正会員でなければならない。
    幹事および常任幹事の各半数以上は学会正会員でなければならない。
  7. 役員の任期は次の通りとする。
    幹事長の任期は2年とし、再任はできない。
    副幹事長および常任幹事の任期は原則2年とし、再任を妨げない。
    幹事の任期は2年として、1年毎にその半数を改選することとし、再任を妨げない。
第7条(会計)
分科会の会計は、学会会計に包括処理される。分科会の資産は学会に帰属する。
第8条(改正)
幹事会は必要と認めたときは学会総務担当理事の承認を得て本規程を改正することができる。
付則
本規程は2014年1月1日より施行する。
2015年11月2日  第4条1,2,4, 第5条,第6条3,第7条 改正
        総務担当理事承認

先進パワー半導体分科会会員資格審査基準

応用物理学会 先進パワー半導体分科会に入会申込みをした者に対し、以下の基準により資格を審査する。

  1. 正会員および学生会員の入会資格
    応用物理学会会員であって先進パワー半導体の研究に関心を有する者。
  2. 分科会会員の入会資格
    下記3項すべてを満たす者。
    1. 大学・高等専門学校で応用物理学に関係のある学科を専攻した者、またはこれと同等以上の学識を有すると認められる者。
    2. 先進パワー半導体に関連する研究、社会への応用、教育、普及等に関し、本会の事業に参加し、または本会の発展に寄与しうる者。
    3. 原則として、本分科会会員または応用物理学会正会員のうち一般会員,シニア会員,終身会員,功労会員,名誉会員の中から1名により入会が適当であると認められ、紹介された者。
本基準は2014年1月1日より適用する。:2013年10日10日 理事会承認
2015年11月2日   第1条 改正 総務担当理事承認
ページの先頭へ