表彰(超伝導分科会論文賞・超伝導分科会研究奨励賞)

【期間延長】第9回応用物理学会超伝導分科会論文賞,同 研究奨励賞受賞候補論文の募集

応用物理学会超伝導分科会では,2009年より超伝導に関する顕著な業績に対し「応用物理学会超伝導分科会論文賞」および「同 研究奨励賞」を贈り表彰しています。候補論文は自薦・他薦を問いません。下記の要領により,奮ってご応募下さい。

 

1. 受賞対象

応用物理学会超伝導分科会論文賞

2017年8月末日までの3年間に発行された学術刊行物に掲載された超伝導に関する優れた原著論文の著者。著者には必ず,超伝導分科会会員あるいは応用物理学会会員を含むものとする。

応用物理学会超伝導分科会研究奨励賞

2017年8月末日までの1年間に発行された学術刊行物に掲載された超伝導に関する優れた原著論文の筆頭著者。表彰対象者は,2018年3月末時点で40歳未満の超伝導分科会会員あるいは応用物理学会会員とする。

 

2. 提出書類

以下の書類各1部,およびそれらの電子ファイル(PDFファイル)一式
  • 候補論文別刷(コピーでも可)
  • 著者全員について和文で以下を記入した書類。氏名,所属・身分,会員番号,連絡先(住所,電話,Fax,E-mail),生年月日(研究奨励賞候補の筆頭著者のみ)。
  • 推薦書(自薦,他薦を問わず,論文の特徴,優れた点などを400字程度でわかりやすく記述。推薦人氏名,連絡先も記載。)

3. 表彰

2018年春季応用物理学関係連合講演会期間中に行います。受賞者には賞状を贈呈いたします。

書類提出期限

9月30日(土)11月30日(木)当日消印有効

提出先

〒113-0031 東京都文京区根津1-21-5 応物会館2階
(社)応用物理学会 超伝導分科会幹事長
(封筒表に「超伝導分科会論文賞応募」もしくは「超伝導分科会研究奨励賞応募」と朱書)

なお,賞規程については,こちらをご覧ください。

 

過去の受賞者、受賞論文

超伝導分科会論文賞

第8回(2016年度)

  • 該当なし

 

第7回(2015年度)

  • Atsushi Saito(Yamagata University)et al., 100-W-class superconducting transmit bandpass filter using thick disk resonator made with Gd–Ba–Cu–O single-crystal bulk, Applied Physics Express 8 043101 (2015) .

 

第6回(2014年度)

  • 竹下 直(産業技術総合研究所)ほか、Zero Resistivity above 150 K in HgBa2Ca2Cu3O8+δ at High Pressure, Journal of the Physical Society of Japan 82 023711 (2013) .

 

5回(2013年度)

  • O.V.Astafiev (NEC) (理化学研究所), L.B.Ioffe, S.Kafanov, Yu.A.Pashkin, K.Yu.Arutyunov, D.Shahar, O.Cohen and 蔡兆申 (理化学研究所), Coherent quantum phase slip, Nature 484 355  (2012)

 

4回(2012年度)

  • 該当なし

 

3回(2011年度)

  • 王 鎮(情報通信研究機構)ほか,Superconducting Nanowire Single-Photon Detectors for Quantum Information and Communications, IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics 15 1740-1747 (2009) .

 

2回(2010年度)

  • 川口 昂彦(名古屋大学)ほか, In situ growth of superconducting NdFeAs(O,F) thin films by molecular beam epitaxy, Appl. Phys. Lett. 97 042509  (2010).

  • メレ パオロ(九州工業大学)ほか, Ultra-high flux pinning properties of BaMO3-doped YBa2Cu3O7-x thin films (M=Zr, Sn), Supercond. Sci. Technol. 21 032002 (2008).

 

1回(2009年度)

  • 該当なし

 

超伝導分科会研究奨励賞

第8回(2016年度)

  • Tsuyoshi Fujii(AIST)et al., Improvement of soft x-ray detection performance in superconducting-tunnel-junction array detectors with close-packed arrangement by three-dimensional structure, Supercond. Sci. Technol. 28 104005 (2015) .

 

第7回(2015年度)

  • Yoshinori Imai (University of Tokyo), Suppression of phase separation and giant enhancement of superconducting transition temperature in FeSe1−xTex thin films, PNAS 112 1937–1940 (2015).

 

第6回(2014年度)

  • 堀出 朋哉 (九州工業大学), Elastic strain evolution in nanocomposite structure of YBa2Cu3O7+BaZrOsuperconducting films, Japanese Journal of Applied Physics 53 083101 (2014).

 

 第5回(2013年度)

  • 該当なし

 

 第4回(2012年度)

  • クロッケンバーガー 賢治 (NTT基礎研究所), Molecular Beam Eqitaxy and Transport Properties of Infinite-Layer Sr0.90La0.10CuO2 Thin Films, Applied Physics Express 5 043101 (2012).

 

 第3回(2011年度)

  • 関 悠介 (日立製作所中央研究所), Unshielded bilateral magnetoencephalography system using two- dimensional gradiometers, Review of Scientific Instruments 81 096103 (2010).

 

 第2回(2010年度)

  • 小嶋 崇文 (NTTマイクロシステムインテグレーション研究所), Three quanta sensitivity superconductor-insulator-superconductor mixer for the 0.78-0.95 THz band, Appl. Phys. Exp. 2 102201 (2009).

 

 第1回(2009年度)

  • 松本 理 (東京農工大), Synthesis and properties of superconducting T’-R2CuO4 (R=Pr, Nd, Sm, Eu, Gd), Phys. Rev. B 79, 100508(R) (2009).