第3回応用物理学会フォトニクス奨励賞の募集

応用物理学会フォトニクス分科会が主催しております、第三回フォトニクス奨励賞は、
〆切を10月31日まで延長させて頂くことになりました。

奮ってのご応募をお待ちしております。

応用物理学会フォトニクス分科会では、フォトニクスに関する学術的価値の高い論文の筆頭著者に対し「応用物理学会フォトニクス奨励賞」を贈り表彰しています。
候補者は自薦・他薦を問いませんので、多数の方々の積極的なご応募をお待ちしております。

受賞対象

表彰の対象は、2017年9月1日から2018年8月31日の1年間に発行された学術刊行物に掲載されているフォトニクスに関する優れた原著論文の筆頭著者とする。
表彰対象者は、公募年度の4月1日現在で40歳以下であり、表彰時にフォトニクス分科会会員とする。ただし、すでに公に顕著な賞を受けた論文、または過去に本奨励賞を受賞した場合は対象としない。

提出書類

以下の書類各1部、およびそれらの電子ファイル(PDFファイル)一式を収めたCDやUSBメモリ等のメディア1個

  • 候補者の氏名、所属・職名、会員番号、連絡先(住所、電話、Fax、E-mail)、生年月日
  • 推薦人の氏名、連絡先
  • 推薦書(自薦、他薦を問わず、論文の特徴、優れた点などを400字程度でわかりやすく記述)
  • 該当する論文(コピーでも可)

表彰

2019年春季応用物理学会学術講演会期間中に行います.受賞者には賞状および記念品を贈呈いたします。

書類提出期限

2018年9月30日(日)
2018年10月31日(水)当日消印有効

書類提出先

〒113-0031 東京都文京区根津1-21-5 応物会館2階
(公社)応用物理学会 フォトニクス分科会幹事長
(封筒表に「応用物理学会フォトニクス奨励賞応募」と朱書)

「応用物理学会フォトニクス奨励賞」規程

応用物理学会フォトニクス奨励賞の規程については、こちらをご覧ください。