JSAP Ionization Radiation Division

応用物理学会放射線分科会


放射線分科会学生ポスター賞について

■「放射線分科会学生ポスター賞」規程


  1. この規程は、放射線に関する優秀なポスター発表を対象とし、その第一著者であり、なおかつ当日の発表者である者に対して応用物理学会放射線分科会 (以後放射線分科会と言う)が行う表彰について定める。

  2. この表彰を「放射線分科会学生ポスター賞」という。併せて英語名は、Ionizing Radiation Division Student Poster Awardとする。

  3. 放射線に関する研究の進展または技術の向上に多大な貢献をした成果を称えることを目的とし、春季または秋季の応用物理学会学術講演会において、大分類2.放射線のポスターセッションにて発表されたポスターを対象とする。

  4. 受賞者は学生とする。

  5. 応用物理学会Poster Awardを受賞したものについて、対象から除外する。

  6. 表彰件数は、大分類2.放射線のポスターセッション発表総数の10%以内とする。

  7. 表彰は賞状授与とする。

  8. 受賞者の選考は、放射線分科会幹事長が委嘱した「放射線分科会学生ポスター賞」選考委員が行なう。

  9. 最終候補者が決定され次第、放射線分科会幹事長は、受賞者を決定し、選考の経過および結果を応用物理学会理事会および放射線分科会幹事会に報告する。

  10. この賞の実施に関する必要な事項の審議および決定は放射線分科会幹事会が行なう。

  11. 本規程は、総務担当理事の承認を経て改正することができる。

附則 この規程は2016年7月8日から施行する。





■「放射線分科会学生ポスター賞」選考内規


  1. 「放射線分科会学生ポスター賞」選考委員会は、応用物理学会放射線分科会幹事長が 委嘱した選考委員長と若干名の選考委員をもって構成する。

  2. 選考委員長は、選考委員会にてポスターセッション終了までに最終候補者を選考し、その結果を幹事長に報告する。その後、幹事長が受賞者を決定する。

  3. 選考関係者は、受賞者決定後といえども、選考の経過およびその内容について口外してはならない。

  4. 附則 この内規は平成28年7月8日から施行する。