JSAP Ionization Radiation Division

応用物理学会放射線分科会


放射線分科会からのお知らせ

2024.5.8 放射線分科会誌「放射線」のオープンアクセス化と公開済み記事のフリー公開のご連絡


放射線分科会誌「放射線」をオープンアクセス誌として公開いたします。
これにより、これまで放射線分科会のホームページでのみ公開されていた「放射線」が、J-Stage にも登録され、より幅広いアクセスが可能となります。
オープンアクセスとして今後、公開する記事にはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス・バージョン4.0(CCライセンス)の「CC BY」ライセンスの下、オープンアクセス記事として公開されます。このライセンスは、利用者が本誌に掲載された論文を適切なクレジットとライセンスへのリンクを提供すれば無償かつ出版者や著者の事前承諾を得ることなく2次利用することを許可するものです。詳しくは以下のwebサイトをご参照ください。
※ CCライセンスとは・二次利用について:https://creativecommons.jp/licenses/
※「CC BY 4.0」について:https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/deed.ja

また、「放射線」第1巻〜第49巻No.3までの記事はフリー公開いたします。フリー公開された記事は誰でも無料で閲覧することができますが、2次利用をする場合には著作権者の許諾が必要となります。
つきましては、「放射線」第1巻〜第49巻No.3に記事をご執筆いただきました執筆者の皆様には、記事のフリー公開化をご了承いただきたくお願い申し上げます。ご了承いただけない場合は、2024年10月31日までに下記連絡先までご連絡をお願いいたします。
よろしくお願い申し上げます。
連絡先 羽倉尚人(東京都市大学):nhagura(at)tcu.ac.jp
※ (at) は @ に置き換えて下さい。

2024.5.01 次世代放射線シンポジウム2024(第36回放射線夏の学校)開催のお知らせ


応用物理学会放射線分科会が主催いたします次世代放射線シンポジウム(放射線夏の学校)は,今年で36回目の実施となります.若手の研究者の育成を目的に,放射線・放射能計測の基礎的な話から応用分野まで幅広くご講演いただくほか,若手研究者による発表が行われます.今年は、「金印」発掘地の志賀島開催にちなんで「考古学研究における放射線利用」をテーマのひとつとしております。 なお、初日の講演の一部は日本医学物理学会(共催)の市民公開講座として実施されます.皆様お誘い合わせの上,奮って現地参加をよろしくお願い致します.
開催日: 2024年 8月 16日(金)- 18日(日)
場 所:休暇村志賀島(〒811-0325 福岡県福岡市東区勝馬1803-1)
参加費:
一般(会員)|40,000円、一般(非会員)|50,000円、学生(会員)|15,000円、学生(非会員)|25,000円
主催:公益社団法人 応用物理学会 放射線分科会
共催:一般社団法人 日本原子力学会 放射線工学部会、公益社団法人 日本医学物理学会
協力:公益社団法人 日本アイソトープ協会 若手ユーザ活性化専門委員会(予定)
後援:一般財団法人 総合研究奨励会「放射線科学とその応用」研究会(予定)
詳しくは下記を御覧ください。
次世代放射線シンポジウム2024 webページ

2024.4.16 2024年度第1回医療放射線技術研究会のご案内


2024年度第1回医療放射線技術研究会を、7月6日(土)に下記の通り開催いたします。
開催案内:2024 年度 第 1 回 医療放射線技術研究会
開催案内:(アクセス出来ない方はこちら)
今回は「放射線医療分野におけるデータサイエンス」がテーマです。
医学物理士認定機構の業績評価点の対象(コードF2単位数3)として例年認定を頂いており、今回も申請中です。(現地参加者のみ)

【開催日】2024年7月6日(土)12:00 - 17:30
【開催形態】現地&オンラインのハイブリッド開催
※質疑は現地優先。オンラインはチャットでのみ質問可(予定)
【現地会場】大阪大学医学部保健学科棟(吹田キャンパス)第1講義室
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-7
【参加費】無料
【定 員】現地参加-100名程度(予定)
【申 込】必要
● 締切:2024年06月24日(月)正午
● 申込フォーム
(アクセス出来ない方はこちら)
完了後、確認メールが記入したメールアドレスに届きます。
お問合せ先: 田久:takyu.soudai●qst.go.jp
& 松本:matsumoto.shinnosuke●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
【プログラム概要】
講演1: PHITSの概要とその医学物理応用〜データサイエンスとの接点を探して〜
   大阪大学・RCNP、原子力機構 佐藤 達彦 先生
講演2: (仮) Geant4/PTSIMの紹介と完全モンテカルロシミュレーションの役割
   富山高専 阿蘇 司 先生
講演3: (仮) 診断分野の医療データサイエンス
   帝京大 古徳 純一 先生
講演4: 生成AIの最新動向と新しい活用
   明治学院大 永田 毅 先生
講演5: 日本の医用画像データで医療AI/創薬AI革新を起こす(仮題)
   Callisto株式会社 Changhee Han (カリス) 先生
講演6: (仮) AIと切り拓く未来のマルチモーダル診療
   医薬基盤・健康・栄養研究所 土井 健太郎 先生

2024.2.2 第36回固体飛跡検出器研究会の開催案内


第36回固体飛跡検出器研究会が神戸大学深江キャンパスにて開催されます。 固体飛跡検出器は、宇宙放射線計測や重イオンがん治療に関わる生物細胞照射実験、 中性子線計測、高強度レーザー駆動イオン加速、トラック年代測定、核査察環境試料 分析といった広範な分野で応用されています。一方では、放射線物理や放射線化学の 基礎的視点から、種々の物質に高速の荷電粒子がもたらす効果に関する研究が続けら れています。飛跡検出器というひとつの研究手段で結びついた、専門分野を異にする 様々な研究テーマに取り組んでいる専門家が一堂に会して活発な議論が行われている 学際的な研究会です。 皆様のご参加をお待ちしております。
日時:2024年3月29日(金)・30日(土)
会場:神戸大学 深江キャンパス 梅木Yホール
主催:固体飛跡検出器研究会
共催:応用物理学会放射線分科会
神戸大学大学院海事科学研究科
詳細は研究会Webページをご覧ください。

2023.11.28 次世代PET研究会2024のお知らせ


本分科会が後援する研究会のお知らせです。
「次世代PET研究会2024」
2024年1月20日(土)13:30-17:00 (17:00-18:30 意見交換会あり)
・場所:ベルサール八重洲 2F 会議室Room A+B
・参加費無料 (要事前登録。意見交換会は会費制)
詳しくはこちらを御覧ください。
・来賓挨拶 畦元将吾 衆議院議員
      大月光康 文部科学省研究振興局研究振興戦略官
・特別講演1「核医学に花が咲く」
  絹谷清剛 金沢大学医薬保健研究域医学系教授(金沢大学医薬保健学総合研究科長)
・特別講演2「医療機器開発の事業化(仮題)」
  高山修一 公益財団法人医療機器センター医療機器産業研究所事業化支援室 上級研究員
・特別講演3「PET装置開発の方向性(仮題)」
  掛川誠 QST先進核医学基盤研究部 客員研究員
核医学への多様なニーズやそれに応える物理工学・画像工学研究について議論します。 試作装置の展示も予定しています。 多くのみなさまのご参加をお待ち申し上げます。
(参考)これまでの研究成果報告書はこちら:
詳しくはこちらを御覧ください。

2023年度成果報告書は当日配布します。
事務局:QSTイメージング物理研究グループ/核医学診断・治療研究グループ
   (担当:山谷泰賀、高橋美和子、田島英朗、赤松剛、大野まどか)
    (jpet@qst.go.jp)

2023.11.15 2023年度第1回医療放射線技術研究会の開催案内


2023年度第2回医療放射線技術研究会を2024年1月6日(土)に下記の通り開催いたします。 今回は「「超高線量率放射線がん治療(FLASH)の照射技術と計測」がテーマです。 皆様にご参加いただければ幸いです。
医学物理士認定機構の業績評価点の対象(コードF2単位数3)として 例年認定をいただいており、今回も申請中です。 参加ご希望の方は、下記申込フォームよりお申し込みください。
【開催日】2024年1月6日(土)13:00 - 17:30
【場 所】東京都立大学荒川キャンパス
【参加費】無料
【定 員】現地参加-100名程度
【申 込】必要
【締 切】2023年12月25日(月)正午
申込フォーム
2023年度医療放射線技術研究会 参加申込
完了後,確認メールが記入したメールアドレスに届きます。届かない方はご連絡ください。
世話人:眞正浄光(東京都立大学)、張維珊(東京都立大学)、酒井真理(群馬大学)、歳藤利行(名古屋市立大学),田久創大(QST量医研)
プログラム概要:
講演1「超高線量率(FLASH)照射技術」
   大阪大学 八木 雅史 先生
講演2「シンクロトロン型加速器を用いた取り組み」
   日立製作所 梅澤 真澄 先生
講演3「サイクロトロンを用いたFLASH」
   住友重機械工業 上口 長昭 先生
講演4「Pioneering Flash Therapy」
   Varian, A Siemens Healthineers Company Michael M. Folkerts, PhD
講演5「シンクロサイクロトロンを用いたFLASH照射技術」
   成田記念陽子線センター 櫟原 誠也 先生
講演6「FLASH治療の生物学的メカニズム」
   大阪大学 皆巳 和賢 先生
講演7「群馬大学における炭素線FLASHの現状」
   群馬大学 田代 睦 先生
講演8「FLASH陽子線照射における超短波長電磁波イメージングの研究」
   大阪大学 西尾 禎治 先生
講演9「重粒子線FLASHにむけたQSTの取り組み」
   QST 稲庭 拓 先生
 こちらもあわせてご確認ください。

2023.11.1 放射線賞・放射線奨励賞募集について


放射線賞・放射線奨励賞を募集します。奮って推薦いただければと思います。
募集期間は2023年12月29日までです。
詳しくはこちらを御覧ください。

2023.10.17 分科会幹事会選挙について


2024年度幹事選挙を会員マイページからの電子投票にて行います。
電子投票期間は11月10日(金) 〜 11月26日(日)です。
詳しくはこちらを御覧ください。

2023.7.27 2023年度第1回医療放射線技術研究会の開催案内


2023年度医療放射線技術研究会8月5日(土曜)に下記の通り開催いたします。 今回は「医療現場の放射線計測のためのシンチレータ開発と応用研究」がテーマです。 皆様にご参加いただければ幸いです。 本企画は、応用物理学会放射線分科会と 東京都立大学大学院人間健康科学研究科放射線科学域医学物理士コースの 共催企画です。
医学物理士認定機構の業績評価点の対象(コードF2単位数3)として認定されました。 ・認定コード:F1/F2(認定医学物理教育コースが主催し、かつ機構が認定した講習会) ・認定番号:JBMP-2023-F-03
開催日: 2023年 8月 5日(土) 12:00 - 17:30
場 所: 東京都立大学荒川キャンパス
参加費: 無料
定員:現地参加-100名程度
申込:必要
締切:2023年07月28日(金)正午
申込フォーム
2023年度医療放射線技術研究会 参加申込
完了後,確認メールが記入したメールアドレスに届きます。届かない方は,張までご連絡ください。
世話人:眞正浄光(東京都立大学)、張維珊(東京都立大学)、酒井真理(群馬大学)、歳藤利行(名古屋市立大学),田久創大(QST量医研)
プログラム概要:
講演1 「重粒子線治療のための電離箱による線量計測」
量研 坂間 誠 先生
講演2「カロリーメータを用いた水吸収線量の絶対計測」
産総研 清水 森人 先生
講演3「マルチイオン照射の線量分布測定に向けた蛍光ゲル線量計の開発」
北里大 前山 拓哉 先生
講演4「線質弁別型線量計測を目的とした半導体放射線検出器」
群馬大 加田 渉 先生
講演5「小型球形半導体を用いたin-vivo線量測定」
東京都立大 松本 真之介 先生

2023.7.24 分科会誌「放射線」のvol48-no.1とvol48-no.2が発刊されました。


放射線分科会誌「放射線」の48-1、48-2が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2023.6.01 次世代放射線シンポジウム2023(第35回放射線夏の学校)開催のお知らせ


応用物理学会放射線分科会が主催いたします次世代放射線シンポジウム(放射線夏の学校)は,今年で35回目の実施となります. 若手の研究者の育成を目的に,放射線・放射能計測の基礎的な話から応用分野まで幅広くご講演いただくほか,若手研究者による発表が行われます. 今回は現地参加を基本としています。講演については一部、オンライン配信ありますが、皆様お誘い合わせの上,奮って現地参加をよろしくお願い致します. なお,本シンポジウムは共催である日本原子力学会 放射線工学部会の 2023年度放射線工学部会夏期セミナーを兼ねております.
開催日: 2023年 8月 17日(木)- 19日(土)
場 所: ホテル蓬人館(福島県双葉郡富岡町小浜44-2、一部の講演のみオンライン配信)
参加費: 一般(会員)|10,000円、一般(非会員)|15,000円、学生(会員)|1,000円、学生(非会員)|3,000円
主催:公益社団法人 応用物理学会 放射線分科会
共催:一般社団法人 日本原子力学会 放射線工学部会
協力:公益社団法人 日本アイソトープ協会 若手ユーザ活性化専門委員会
後援:一般財団法人 総合研究奨励会「放射線科学とその応用」研究会
詳しくは下記を御覧ください。
次世代放射線シンポジウム2023 Webページ

2022.12.20 分科会誌「放射線」47-4が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の47-4が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2022.12.01 「次世代PET研究会2023」


「次世代PET研究会2023」(後援 放射線分科会)が開催されます。核医学への多様なニーズやそれに応える物理工学・画像工学研究について議論します。試作装置の展示も予定しています(展示・ポスター発表は現地のみで、web中継はございません)。多くのみなさまのご参加をお待ち申し上げます。

・日時:2023年1月21日(土)13:30-17:00
・場所:量子科学技術研究開発機構(QST)千葉 重粒子推進棟2F大会議室(ハイブリッド開催)
・参加費無料 (要事前登録) https://www.qst.go.jp/site/qms/event230121.html
・特別講演 「認知症疾患修飾治療(DMT)新時代に向けた脳PETの役割と次世代PETへの期待」
 石井賢二先生(東京都健康長寿医療センター研究所 神経画像研究チーム 研究部長)

(参考)昨年の研究成果報告書はこちら

2022.11.30 研究会「放射線検出器とその応用」(第37回)


研究会「放射線検出器とその応用」(第37回)(共催 放射線分科会)が開催されます。 本研究会は今回で37回目の開催となりますが、国内では検出器の基礎的物理化学的過程から検出器開発、放射線計測技術にいたる広範なテーマをそれぞれの分野の研究者が集まって議論する機会が少なく、これを主眼とした本研究会は特色あるものと考えております。多数の方々のご参加をお願いし、ご講演を募集致します。

開催日時:2023年1月25日(水)、26日(木)、27日(金)
  ※申込演題の数によっては上記の内2日間とさせて頂く場合があります。
開催形式:オンラインを併用した現地開催
  ※口頭発表及び、ポスター発表を予定しております。
  ※感染拡大状況や緊急事態宣言の発令の状況によってはオンライン開催に変更することがあります。
開催場所 :高エネルギー加速器研究機構 研究本館 小林ホール (茨城県つくば市大穂1-1)

詳細は研究会Webをご確認ください

2022.11.28 放射線賞・放射線奨励賞募集について


放射線賞・放射線奨励賞を募集します。奮って推薦いただければと思います。
募集期間は2023年1月23日までです。->締切を2023年2月16日まで延長しました。
詳しくはこちらを御覧ください。

2022.10.20 分科会幹事会選挙について


2023年度幹事選挙を会員マイページからの電子投票にて行います。
電子投票期間は11月11日(金) 〜 12月1日(木)です。
詳しくはこちらを御覧ください。

2022.10.20 分科会誌「放射線」47-3が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の47-3が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2022.9.1 JAXA招聘職員採用募集のお知らせ(放射線計測・物理)


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構より、火星衛星探査計画(MMX)及び月近傍有人拠点(Gateway)の放射線計測機器の研究開発等に従事する職員募集がありましたので、お知らせいたします。
詳細については、下記のURLをご覧ください。

公募人員:1名
応募締切:2022年9月30日(金)17:00
詳しくはこちらを御覧くださいJAXA職員採用Webページ

2022.08.26 2022年春季学術講演会 学生ポスター賞および学生優秀講演賞の決定


2022年春季学術講演会の学生ポスター賞および学生優秀講演賞が決定されました。学生ポスター賞一覧および学生優秀講演賞一覧からご覧ください。

2022.7.12 次世代放射線シンポジウム 2022(第34回放射線夏の学校)開催のお知らせ


応用物理学会放射線分科会では、若手研究者の育成と放射線科学領域の発展を目的として次世代放射線シンポジウム2022を開催します。 昨年度とは異なり、今年度は対面での開催(近畿大学)となりますが、 一部はオンライン配信も予定しておりますので、遠隔での参加も可能です。 広い分野の方からの参加を検討いただければと思います。
開催日: 2022年 8月 18日(木)- 19日(金)
場 所: 近畿大学 (一部オンライン配信あり)
参加費: 一般(会員)|5,000円、一般(非会員)|10,000円、学生(会員)|1,000円、学生(非会員)|3,000円
主催:公益社団法人 応用物理学会 放射線分科会
共催:一般社団法人 日本原子力学会 放射線工学部会
協力:公益社団法人 日本アイソトープ協会 若手ユーザ活性化専門委員会
後援:一般財団法人 総合研究奨励会「放射線科学とその応用」研究会
詳しくは下記を御覧ください。
次世代放射線シンポジウム2022 Webページ

2022.05.13 分科会誌「放射線」47-2が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の47-2が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2022.02.18 第34回 固体飛跡検出器研究会のお知らせ


2020年度に開催予定であった第34回固体飛跡検出器研究会が新型コロナの影響により中止することとなり、開催が延期されたままとなっていましたが、今年度は安田先生のご厚意により福井大学で開催する運びとなりました。

日時:2022年3月26日 (土) - 27日 (日)
会場:福井大学附属国際原子力工学研究所(※新型コロナウイルス感染症の状況によりオンライン開催となる場合があります)
詳しくはこちらを御覧ください<PDF>

2021.11.10 分科会誌「放射線」46-3の修正


先日発刊された放射線分科会誌「放射線」の46-3ですが著者記載情報の修正がございました。修正版は、分科会のWEBのアーカイブページよりご確認ください。

2021.11.09 分科会誌「放射線」46-4, 47-1が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の46-4および47-1が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2021.10.25 医療放射線技術研究会 のお知らせ


今回は,医療分野の研究成果を実用化へ導く事業紹介をはじめ,実際に研究成果を実用化まで導いたご経験のある先生方から,技術概要と実用化までの道のりについて,ご講演を頂きます.
詳しくはこちらを御覧ください<PDF>
(2021.11.09、備考欄を更新しました。)

開催日: 令和4年 1月 8日(土)
場所 : 東京都立大学荒川キャンパス 及び オンライン(Zoom)
参加費: 無料
定員 : 現地参加-100名程度,オンライン-200名(新型コロナの感染状況によりオンラインのみとなる場合があります)
備考 : 医学物理士認定機構の業績評価点の対象として出席証明書を発行 (認定番号:JBMP-2021-F-17,認定コード:F1/F2)
世話人 : 眞正浄光(東京都立大学),山口充孝(QST高崎研),古場裕介(QST放医研),高橋美和 子(QST量医研),伊良皆拓(京大病院)

2021.10.22 分科会幹事会選挙について


2022年度幹事選挙を会員マイページからの電子投票にて行います。
電子投票期間は11月12日(金) 〜 12月1日(水)です。
詳しくはこちらを御覧ください。

2021.10.05 会費変更について


来年度より分科会学生会員会費の改定を行います
詳しくはこちらを御覧ください。

2021.09.22 学生講演奨励賞の決定


2021年度の学生講演奨励賞の選考の結果9名の受賞が決定しました。
受賞された学生の方々おめでとうございます。
詳しくはこちらを御覧ください。

2021.7.13 次世代放射線シンポジウム 2021(第33回放射線夏の学校)開催のお知らせ


応用物理学会放射線分科会では、若手研究者の育成と放射線科学領域の発展を目的として次世代放射線シンポジウム2021を開催します。 昨年に続きオンライン開催となりますが、学生の参加費は無料、旅費を必要とせず遠隔地から参加が可能となりますので、この機会にぜひ参加をご検討ください。

開催日: 令和3年 8月 19日(木)〜20日(金)
場 所: オンライン開催 (Zoom)
参加費: 社会人:1,000円,企業紹介をされる場合(1企業あたり何名様でも):10,000円,学生:無料

詳しくは下記を御覧ください。

2021.5.13 分科会誌「放射線」46-3が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の46-3が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2021.4.30 分科会誌「放射線」46-2が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の46-2が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2021.01.06 学生講演奨励賞の決定


2020年度の学生講演奨励賞の選考の結果9名の受賞が決定しました。
受賞された学生の方々おめでとうございます。
詳しくはこちらを御覧ください。

2020.12.28 放射線賞・放射線奨励賞募集について


放射線賞・放射線奨励賞を募集します。奮って推薦いただければと思います。
募集期間は2021年2月19日までです。
詳しくはこちらを御覧ください。

2020.11.6 分科会幹事会選挙について


2021年度幹事選挙を会員マイページからの電子投票にて行います。
電子投票期間は11月12日(月) 〜 12月1日(土)です。
詳しくはこちらを御覧ください。

2020.10.19 医療放射線技術研究会 のお知らせ


「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と医療放射線技術」をテーマに、 感染症の専門医のほかに、医療現場の最前線で活躍する診療放射線技師やAIによるX線画像診断技術の研究者、核医学専門医をお招きし、 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と医療放射線技術に関する現状と今後の展開についてご講演を頂きます。
詳しくはこちらを御覧ください<PDF>

開催日: 令和3年 1月 9日(土)
場所 : Zoomによるオンライン開催
参加費: 無料
定員 : 100 名程度
備考 : 医学物理士認定機構の業績評価点の対象(コードF2単位数3)として出席証明書を発行予定
世話人 : QST放医研 山谷泰賀, 北里大学 村石浩, 帝京大学 牧永綾乃, 京都大附属病院 伊良皆拓, QST高崎研 山口充孝, 東京都立大学 眞正浄光

2020.9.29 分科会誌「放射線」46-1が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の46-1が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2020.6.18 次世代放射線シンポジウム 2020(第32回放射線夏の学校)開催のお知らせ


応用物理学会放射線分科会では、若手研究者の育成と放射線科学領域の発展を目的として次世代放射線シンポジウム2020を開催する運びとなりました。 コロナ禍において、初のオンライン開催の試みとなりますが、学生参加費無料、遠隔参加可能となりますので、コロナ後の社会を見据えた広い分野の方からの参加を検討いただければと思います。

開催日: 令和2年 8月 20日(木)〜21日(金)
場 所: オンライン開催 (Zoom)
参加費: 社会人:1,000円,企業紹介をされる場合(1企業あたり何名様でも):10,000円,学生:無料
定 員: 80名程度

詳しくは下記を御覧ください。

2020.1.10 医療放射線技術研究会 のお知らせ


「様々な時間的・空間的スケールの放射線計測技術」をテーマに 医療分野の研究において様々な時間的・空間的スケールの放射線計測技術の開発を行っている専門の先生方に研究の現状や利用状況、応用研究などについてご講演いただきます。
詳しくはこちらを御覧ください<PDF>

開催日: 令和2年 1月 11日(土)
場所 : 首都大学東京荒川キャンパス 大視聴覚室
参加費: 無料(懇親会は会費 4,000 円予定、当日現金を集めます)
定員 : 100 名程度
備考 : 医学物理士認定機構の業績評価点の対象(コードF1,F2単位数3)として出席証明書を発行いたします。
世話人 : 量研機構 古場裕介, 山谷泰賀, 北里大学 村石浩, 近畿大学 若林源一郎, 首都大学東京 眞正浄光, 井上一雅, 帝京大学 牧永綾乃

2019.9.20 第25回「放射線賞」「放射線賞奨励賞」の発表


2019年第80回応用物理学会秋季学術講演会にて第25 回「放射線賞」および「放射線奨励賞」が授与されました。 受賞された皆さま、おめでとうございます。<受賞者一覧>

(左から: 山本誠一 先生,井口哲夫 先生,岡田豪 先生)

2019.9.20 第80回 秋季学術講演会 分科会「学生ポスター賞」の発表


2019年第80回応用物理学会秋季学術講演会 にて優秀なポスターを発表された学生に「学生ポスター賞」が授与されました。 受賞された皆さま、おめでとうございます。<受賞者一覧>

2019.9.17 医療放射線技術研究会 のお知らせ


「核医学の現状とこれから:標的アイソトープ治療や最先端イメージング」をテーマに 臨床核医学の最前線に立つ核医学専門医のほかに、核医学を支える生物学研究者や物理学研究者を交えて、核医学の現状と期待される今後の展開についてご講演いただきます。 参加希望の方は ご所属・お名前・懇親会参加有無を jpet(a)qst.go.jp ((a)を@に変換)に 10月末までにお知らせください。 詳しくはこちらを御覧ください<PDF>

開催日: 令和元年 11 月 16 日(土)
場所 : 首都大学東京荒川キャンパス 大視聴覚室
参加費: 無料(懇親会は会費 4,000 円予定、当日現金を集めます)
定員 : 100 名程度
備考 : 医学物理士認定機構の業績評価点の対象(コードF1,F2単位数3)として出席証明書を発行いたします。認定番号: (JBMP-2019-F-21)
世話人 : 量研機構放医研 山谷泰賀, 北里大 村石浩, 福岡帝京大 牧永綾乃, 近畿大学 若林源一郎, 量研機構放医研 古場裕介, 首都大 眞正浄光

2019.2.7 第33回固体飛跡検出器研究会のお知らせ


原子核乾板およびプラスチック検出器(CR39)の検出器開発に関する研究発表および議論を目的とした研究会です。飛跡検出器というひとつの研究手段で結びついた、専門分野を異にする様々な研究テーマに取り組んでいる専門家が一堂に会して活発な議論が行われている学際的な研究会です。多くの方々からのご参加をお待ちしております。

開催日: 平成 31 年 3 月 24 日(土)〜 3 月 25 日(日)
場所 : 名古屋大学ES館034講義室
備考 : 応用物理学会放射線分科会共催
世話人 : 森島邦博(名古屋大学高等研究院特任助教)

2018.12.6 第25回「放射線賞」および「放射線奨励賞」公募のお知らせ


応用物理学会放射線分科会では、第25回「放射線賞」および「放射線奨励賞」の候補者を公募いたしますので、自薦、他薦を問わず、多くの方々からのご応募をお待ちしております。
詳しくはこちらを御覧ください。

2018.11.6 医療放射線技術研究会「医療分野におけるモンテカルロシミュレーションの現状と利用」のお知らせ


「医療分野におけるモンテカルロシミュレーションの現状と利用」を本研究会のテーマとしまして、医療分野の研究においてモンテカルロシミュレーションの利用や関連技術の開発を行っている専門家の先生方に研究の現状や利用状況、応用研究などについてご講演いただきます。参加希望の方につきましては、PDFファイルの参加申込フォームに記入の上【12月31日まで】に放医研・古場(koba.yusuke@qst.go.jp)までご連絡ください。

開催日: 平成 31 年 1 月 12 日(土)
場所 : 首都大学東京荒川キャンパス 大視聴覚室
参加費: 無料(懇親会は会費 4,000 円予定、当日現金を集めます)
定員 : 100 名程度
備考 : 医学物理士認定機構の業績評価点の対象(コードF1,F2単位数3)として出席証明書を発行いたします。(認定申請中)
世話人 : 量研機構放医研 古場裕介, 田島英朗, 近畿大学 若林源一郎, 首都大 眞正浄光, 井上一雅

2018.10.1 分科会幹事会選挙について


2019年度幹事選挙を会員マイページからの電子投票にて行います。
電子投票期間は11月12日(月) 〜 12月1日(土)です。
詳しくはこちらを御覧ください。

2018.9.15 機械学習・AI・ディープラーニング研究の多様性と医用への応用


「機械学習・AI・ディープラーニング研究の多様性と医用への応用」の開催についてご案内いたします。本研究会のテーマは「機械学習・AI・ディープラーニング研究の多様性と医用への応用」です。AI技術を応用した研究を行っている専門家の先生方に、機械学習の基礎を含め、ディープラーニングなどの技術の幅広い可能性、多様性のあるAI技術の応用研究についてご講演頂きます。

開催日: 平成 30 年 11 月 23 日(金)
場所 : 首都大学東京荒川キャンパス 大視聴覚室
参加費: 無料(懇親会は会費 4,000 円予定、当日現金を集めます)
定員 : 100 名程度
備考 : 医学物理士認定機構の業績評価点の対象(コードF1,F2単位数3)として出席証明書を発行いたします。認定番号: JBMP-2018-F-12
世話人 : 量研機構放医研 田島英朗 (tashima.hideaki@qst.go.jp), 古場裕介, 首都大 眞正浄光, 井上一雅, 近畿大学 若林源一郎

2018.9.11 分科会誌「放射線」44-2が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の44-2(特集:国際リニアコライダー計画とその技術)がオンラインで発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからご覧いただけます。分科会員の皆様には冊子版が近日中にお手元に届く予定です。

2018.5.28 分科会誌「放射線」44-1が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の44-1(特集:次世代の放射線研究を担う若手研究者)がオンラインで発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからご覧いただけます。分科会員の皆様には冊子版が近日中にお手元に届く予定です。

2018.4.9 次世代放射線シンポジウム(放射線夏の学校)2018


次世代放射線シンポジウム(放射線夏の学校)2018の参加申し込みが開始されました。皆様お誘い合わせの上ご参加いただけますようお願い申し上げます。

2018.4.4 分科会幹事交代のお知らせ


幹事メンバーが新しくなりました。(2018年度放射線分科会幹事会

2018.3.21 分科会学生ポスター賞


2018年春学術講演会にて優秀なポスターを発表された学生に「学生ポスター賞」が授与されました。受賞された皆さま、おめでとうございます。

2018.2.1 分科会誌「放射線」43-4が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の43-4(特集:「特集」〜シンチレーション検出器とその最先端応用〜&〜次世代放射線シンポジウム(放射線夏の学校2017)〜)がオンラインで発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからご覧いただけます。分科会員の皆様には冊子版が近日中にお手元に届く予定です。

2018.1.25 分科会誌「放射線」、テキストのWEB注文フォーム


放射線分科会やその他分科会で販売可能な会誌・各種テキストのバックナンバーのWEB注文フォームが作成されましたので是非、ご利用ください。
URL:https://pro.form-mailer.jp/fms/e4a4796b137627

2017.12.14 放射線を利用した医用イメージング装置における画像再構成の基礎と応用


「放射線を利用した医用イメージング装置における画像再構成の基礎と応用」の開催についてご案内いたします。本研究会のテーマは「放射線を利用した医用イメージング装置における画像再構成の基礎と応用」です。画像再構成の基礎を含め、最新の理論や、PET、SPECT、X 線CT などの具体的な装置への応用について、専門家の先生方に具体的にお話を頂きます。

開催日: 平成 30 年 3 月 4 日(日)
場所 : 首都大学東京荒川キャンパス 大視聴覚室
参加費: 無料(懇親会は会費 4,000 円予定、当日現金を集めます)
定員 : 100 名程度
後援 : 日本医用画像工学会
備考 : 医学物理士認定機構の業績評価点の対象として出席証明書を発行いたします。

2017.12.8 分科会誌「放射線」43-3が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の43-3(特集:「特集」放射線計測における高密度実装フロントエンド回路の先端技術)がオンラインで発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからご覧いただけます。分科会員の皆様には冊子版が近日中にお手元に届く予定です。

2017.11.17 放射線検出器の研究シーズと医療現場ニーズに関するシンポジウム(第 4 弾)


「放射線検出器の研究シーズと医療現場ニーズに関するシンポジウム(第 4 弾)」〜 ホウ素中性子捕捉療法に関する測定技術と検出器開発 〜の開催についてご案内いたします。
貴重な機会ですので皆様お誘い合わせの上ご参加いただけますようお願い申し上げます。

開催日: 平成 30 年 1 月 6 日(土)
場所 : 首都大学東京荒川キャンパス 大視聴覚室
参加費: 無料(懇親会は会費 4,000 円予定、当日現金を集めます)
定員 : 100 名程度
備考 : 医学物理士認定機構の業績評価点の対象として出席証明書を発行いたします。

2017.10.4 特許庁 任期付職員(特許審査官補)の募集について


特許庁では、世界最高の知的財産立国を実現するために、優れた人材を任期付職員(特許審査官補)として採用します。
応募締切り:平成29年11月17日(金曜日)消印有効
詳細の掲載先:http://www.jpo.go.jp/shoukai/saiyou/ninki_shinsakanho.htm

2017.10.3 次世代放射線シンポジウム(放射線夏の学校)2018


次世代放射線シンポジウム(放射線夏の学校)2018のホームページが開設されました。皆様お誘い合わせの上ご参加いただけますようお願い申し上げます。

2017.9.14 分科会幹事会選挙について


2018年度幹事選挙を会員マイページからの電子投票にて行います。
電子投票期間は11月13日(月) 〜 12月1日(金)です。
詳しくはこちらを御覧ください。

2017.9.8 分科会学生ポスター賞


2017年秋学術講演会にて優秀なポスターを発表された学生に「学生ポスター賞」が授与されました。受賞された皆さま、おめでとうございます。

2017.6.16 次世代放射線シンポジウム(放射線夏の学校)2017のお知らせ


下記の要領で2017年 放射線夏の学校が開催されます。
次世代放射線シンポジウム(放射線夏の学校)2017

【参加申込締切:2017年7月20日】

場所:静岡大学浜松キャンパス
日程:平成29年8月17日(木)〜19日(土)

2017.5.30 分科会誌「放射線」43-2が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の43-2(特集:放射線・粒子シミュレータの最新動向)がオンラインで発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。分科会員の皆様には冊子版が近日中にお手元に届く予定です。

2017.5.9 分科会誌「放射線」43-1における誤植のお詫び


今般、本分科会にて発刊いたしました放射線分科会誌「放射線」の43-1がの中で、表紙のタイトルのほか背表紙に誤植があり、多大なるご迷惑をおかけいたしました。これは編集過程における校正ミスであり、関係者の皆さまに深くお詫び申し上げます。今後、再びこのようなことのないよう、十分に注意を払ってまいる所存でございますので、なにとぞご寛容のほどお願い申し上げます。

2017.4.22 分科会誌「放射線」43-1が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の43-1が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。(※アーカイブのアクセス用パスワードが変更されました)

2017.4.5 分科会誌「放射線」42-4が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の42-4が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2017.4.3 分科会幹事交代のお知らせ


任期満了に伴い、幹事メンバーが交代しました。

2017.3.18 分科会学生ポスター賞


2017年春季学術講演会にて優秀なポスターを発表された学生に「学生ポスター賞」が授与されました。受賞された皆さま、おめでとうございます。

2017.2.7 分科会誌「放射線」42-3が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の42-3が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2017.1.11 分科会誌「放射線」42-2が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の42-3が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2016.12.26 研究会「放射線検出器とその応用」のご案内


研究会「放射線検出器とその応用」が平成29年1月23日(月)、24日(火)、25日(水)に開催されます。
http://www-conf.kek.jp/rdetconf/index.html

2016.12.13 分科会誌「放射線」42-1が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の42-1が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2016.10.5 特許庁 任期付職員(特許審査官補)の募集について


特許庁では、世界最高の知的財産立国を実現するために、優れた人材を任期付職員(特許審査官補)として採用します。
応募締切り:平成28年11月18日(金曜日)必着
詳細の掲載先: http://www.jpo.go.jp/shoukai/saiyou/2016ninkitsuki_shinsa-kanho.htm

2016.9.23 第23回「放射線賞」および「放射線奨励賞」公募のお知らせ


応用物理学会放射線分科会では、第23回「放射線賞」および「放射線奨励賞」の候補者を公募いたしますので、自薦、他薦を問わず、多くの方々からのご応募をお待ちしております。
詳しくはこちらを御覧ください。

2016.9.18 分科会幹事会選挙について


2017年度幹事選挙を会員マイページからの電子投票にて行います。
電子投票期間は11月14日(月) 〜 12月1日(木)です。
詳しくはこちらを御覧ください。

2016.9.16 分科会学生ポスター賞


2016年秋季学術講演会にて優秀なポスターを発表された学生に「学生ポスター賞」が授与されました。受賞された皆さま、おめでとうございます。

2016.8.31 放射線分科会学生ポスター賞について


放射線分科会学生ポスター賞についてのページを掲載いたしました。

2016.8.24 分科会誌「放射線」41-4が発刊されました


放射線分科会誌「放射線」の41-4が発刊されました。分科会のWEBのアーカイブページからもご覧いただけます。

2016.7.22 賛助会員のリストを更新しました


賛助会員のページを更新しました。本分科会に対する御賛助に深く感謝の意を表します。

2016.4.13 夏の学校のホームページがオープンしました。


2016年 放射線夏の学校
https://annex.jsap.or.jp/radiation/2016ss/
【参加申込締切:2016年6月30日(木)】

場所:千葉県南房総リゾートイン白浜
日程:2016年8月2日(火)〜8月4日(木)
定員:80名(定員に達し次第締め切ります)

2016.4.13 掲載内容更新のお知らせ


幹事会・役員のページを更新しました。

2016.4.8 応用物理学会秋季学術講演会の大会ページがオープンしました。


http://meeting.jsap.or.jp/index.html
【登壇申込締切:6月28日(火)17:00厳守!!!】

場所:朱鷺メッセ(新潟県新潟市)
会期:9月13日(火)〜16日(金)

登壇申込は5月中旬より受付を開始いたします。

2016.4.7 分科会誌「放射線」のアーカイブを更新しました。


分科会誌「放射線」のVol.41-1, Vol.41-2, Vol.41-3を掲載しました。Vol.41-3の印刷版については原稿の一部修正が反映されておらず、関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしました。アーカイブ版では変更が反映されております。

2016.4.6 掲載内容更新のお知らせ


ホームページ掲載内容を更新いたしました。
概要賛助会員放射線賞一覧投稿先放射線夏の学校シンポジウム放射線検出器とその応用

2016.4.4 ホームページのデザインが新しくなりました。


ホームページのデザインが新しくなりました。お気づきの点などございましたらお問い合わせフォームよりお願いします。

2016.4.1 幹事メンバー交代のお知らせ


幹事長をはじめとした幹事メンバーが新しくなりました。幹事長は青木先生(静岡大学)、副幹事長は山谷先生(放医研)です。

2011.4.8 放射線について


放射線についてのページを更新しました。