1. TOP
  2. 分科会について

分科会について

幹事長挨拶

photo_kubono

幹事長 久保野 敦史

静岡大学 工学部 電子物質科学科

 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会は、来年度で設立30周年を迎えることとなります。その間、応用物理学会の異端児として、既成概念にとらわれない新規分野への希望と理念をもって精力的な活動を続け、その結果として2番目に大きな応物分科会に成長するに至りました。その背景には、本分科会が関わる学術分野が広範囲にわたっており、その境界領域の研究や融合による将来性を信じた諸先輩方のご尽力、それに加えて若手の皆さんの自由で挑戦的な活動があったことは間違いありません。30年前に抱いていた夢―有機分子・バイオ・エレクトロニクスの融合と有機・バイオデバイスの実用化―が、今まさに現実のものとなりつつあることを肌で感じている方も多いのではないでしょうか。

 現在、応用物理学会としても異分野交流を通じて境界領域・融合領域の探索・拡充を進めようとしていますが、本分科会は言うまでもなくこの方針の先駆者です。応物の真骨頂である物理と化学の融合に加え、エレクトロニクスとバイオの融合など、諸先輩が立ち上げ育ててくださった恩恵で今の私たちがあると言っても過言ではありません。ただし、まだまだ不十分であることは確かですし、ある意味でfusionにはconfusionが付きまとうことも否めません。それらを解決すべく、両者間でdiffusionしていけるように支援することも当分科会の存在意義と言えるのではないでしょうか。その結果として、新たな学術領域そして学問が確立されるはずであり、そのためには経験に基づく洞察力を有するベテラン研究者に加え、何よりも柔軟な頭脳を有する若い力がますます必要不可欠になってくることは確実です。

 ただし、若い方々が組織を作ることや維持することに時間をとられるのでは本末転倒です。もちろん、それを経験することで人脈が拡がり刺激を受けて研究の活性化につながることも確かだと思います。でも、やはり若い方々から研究時間を奪うことだけは避けなければなりません。

 その点も踏まえて、研究者と様々な界(学術界、産業界など)との境界で能動的に機能できるような組織として、皆様と一緒に分科会そして若手研究者を育てていけるよう知恵を絞っていきます。何卒ご協力をお願いいたします。

分科会の概要

目的

有機分子・バイオエレクトロニクス分科会は分子エレクトロニクス・バイオエレクトロニクス領域および関連分野における研究者の融合・交流の場を提供し、その科学・技術の向上発展に寄与することを目的としている。

本分科会では、有機分子系物質を基盤材料として、その構造制御・機能発現・界面特性制御・ デバイス化を目指し、電気・電子工学、化学、物理、バイオ、材料科学分野の幅広い研究活動が活発に展開している。今後5年、10年、応用物理学学会におけるエレクトロニクス・IT・環境エネルギー分野で重要な地位を占めることが期待されており、より新しい機能性材料の創出、新機能デバイスの開発によって、人間社会を豊かにする科学技術分野に成長することを目標としている。

事業

本分科会設立の趣旨および目的を達成するために次の事業を行ないます。
  • 01.Molecular Electronics and Bioelectronics(M&BE)分科会誌を発行する
  • 02.研究会、講習会、シンポジウム講演会などを企画・開催する
  • 03.図書その他の刊行物を企画・編集する
  • 04.その他本分科会の目的達成に必要な事業を行なう

会費

01.個人会員
分科会のみの会員の方:A会員/年額4,000円(学生は1,000円) 応用物理学会員会員の方:B会員/年額3,000円(学生は1,000円)
02.賛助会員(本会の目的に賛同し、事業の発展を支援される法人または個人)
1口:年額40,000円

特典

  • 01.M&BE分科会誌が無料で配布されます(年4回)
  • 02.講習会、研究会参加費が割り引かれます

統計

  • 設 立1990年4月
  • 会員数781名(2014年4月現在)内、A会員(分科会のみ):113名/B会員(本会・分科会):668名

学術講演会講演件数の推移

1993年(春) 青学大青山 262
1993年(秋) 北大 225
1994年(春) 明大理工 260
1994年(秋) 名城大 223
1995年(春) 東海大湘南 296
1995年(秋) 金沢工大 224
1996年(春) 東洋大朝霞 286
1996年(秋) 九州産大 240
1997年(春) 日大船橋 305
1997年(秋) 秋田大 244
1998年(春) 東京工科大 293
1998年(秋) 広島大 251
1999年(春) 理科大野田 294
1999年(秋) 甲南大 227
2000年(春) 青山学院大 292
2000年(秋) 北海道工業大 249
2001年(春) 明治大 307
2001年(秋) 愛知工業大 287
2002年(春) 東海大湘南 403
2002年(秋) 新潟大 365
2003年(春) 神奈川大 394
2003年(秋) 福岡大 361
2004年(春) 東京工科大 526
2004年(秋) 東北学院大 401
2005年(春) 埼玉大 505
2005年(秋) 徳島大 417
2006年(春) 武蔵工大 527
2006年(秋) 立命館大 423
2007年(春) 青山学院大 493
2007年(秋) 北海道工業大 501
2008年(春) 日大舟橋 482
2008年(秋) 中部大 431
2009年(春) 筑波大 462
2009年(秋) 富山大 414
2010年(春) 東海大 495
2010年(秋) 長崎大 435
2011年(春) 神奈川工科大 545
2011年(秋) 山形大 485
2012年(春) 早稲田大 550
2012年(秋) 愛媛大・松山大 470
2013年(春) 神奈川工科大 493
2013年(秋) 同志社大 439
2014年(春) 青山学院大 475
2015年(春) 東海大 524
2015年(秋) 名古屋国際会議場 432
2016年(春) 東工大 583
2016年(秋) 朱鷺メッセ 460
2017年(春) パシフィコ横浜 540
2017年(秋) 福岡国際会議場 553
2018年(春) 早稲田大 578
2018年(秋) 名古屋国際会議場 470
2019年(春) 東京工業大学 474
2019年(秋) 北海道大学 553

中分類(2014年春季講演会より)

  • 12.1. 作製・構造制御
  • 12.2. 評価・基礎物性
  • 12.3. 機能材料・萌芽的デバイス
  • 12.4. 有機EL・トランジスタ
  • 12.5. 有機太陽電池
  • 12.6. ナノバイオテクノロジー
  • 12.7. 医用工学・バイオチップ

メール配信等について

基本的な考え方

分科会員にとって有用な情報(研究会情報,各種会合情報,求人情報など)の配信が分科会および分科会員から依頼された場合,配信件数が膨らんで会員に迷惑がかからないように留意した上で,できるだけ配信する。

新配信ルール

  • 01.M&BE分科会の主催,共催,協賛の行事に関しては,(応用物理学会本会のMLで送信されたかどうかにかかわらず)原則1回送信する。 但し,投稿締め切り日の延長など掲載内容に重要な変更が生じた場合は,その都度1回だけ追加送信する。(幹事長の確認の後,送信)
  • 02.主催,共催,協賛ではない会合情報に関しては, イ)当該会合の組織委員であるM&BE分科会員からの配信依頼であり, ロ)配信内容が分科会員に関連が深く役立つと判断される場合は,常任幹事会の審議をへて,(01)と同様に配信する。 原則として,非分科会員からの送信依頼は認めないが,幹事長が配信すべきと判断した場合は常任幹事会に提案できる。 なお企業が関与する行事などの情報に関しては,開催の主目的が学術活動と判断される場合に限る。 (分科会との関連が深いことが明らかで,かつ,緊急の場合は幹事長判断で配信し,後日幹事会に報告することで対応できる)
  • 03.分科会の主催,共催,協賛行事ではないが,応用物理学会本会の重要な主催事業と判断される場合は,常任幹事会の審議をへて,(01)と同様に配信する。
  • 04.求人情報に関しては,常任幹事会の審議を経て承認された場合,1回掲載する。応募締め切りの変更などの重要な変更があった場合は,その都度1回だけ追加送信する。なお,原則として,非分科会員からの送信依頼は受付ないが,内容が分科会員にとって有益であると幹事長が判断した場合は,常任幹事会へ配信を提案出来る。(補足 会社からの求人情報はその都度協議する)
  • 05.上記ルールを施行後,配信情報が過多となるなど問題が発生した場合は随時協議してルールを見直す。

メールの配信方法

メール配信を希望する方は,下記の情報をmbe_news@jsap.or.jpまで送信ください。
  • 配信情報のタイトル:【M&BE速報:タイトル】
  • 情報発信する会員名:
  • 本文:(添付ファイル無しのテキスト形式のみ受け付けます。)

学会情報のWEB掲載、分科会誌掲載について

  • 01.分科会との主催・共催関係の有無にこだわらず,分科会会員に何らかの関連がある研究会情報については適宜分科会WEBページに集約する。(幹事等の関係者からの積極的な情報提供が必要)WEBに集約した研究会情報はすべて分科会誌へ転載する。(カレンダー形式のページ)
  • 02.分科会が主催・共催・協賛する会合については,分科会誌に1ページの掲載ページを提供する。

入会方法

  • 01.応用物理学会に入会と同時に分科会への入会を希望される方は 紹介者(応物会員もしくは本分科会会員)が必要です。
  • 02.すでに応用物理学会会員で,分科会への入会を希望される方(B会員)
  • 03.他学会会員で,分科会のみへの入会を希望される方(A会員)
下記より、Webベースでお申し込みください。 応用物理学会ホームページの「会員」ページ

規定集・歴代幹事リスト

規定集・歴代幹事リストはそれぞれ下記のリンクよりご覧ください。